二日酔いを早く治す、コーラを飲んでつらい二日酔いを解消しよう!

スポンサーリンク

私はお酒が大好きなんで、飲みに行くと必ず飲み過ぎてしまいます。

どうしたら飲み過ぎないのか?

いろいろ考えたんですが、結局ムリなんですよね。

もうね、お酒を飲んでいるときは楽しすぎて、次の日のことが考えられないんです。

飲み過ぎないようにするのは置いといて、今回は二日酔いになってしまったときの早期復帰方法の説明をします。

二日酔いを極めた私(自称 二日酔いマスター)のやり方も添えておきますので、是非参考にしてください。

二日酔いのメカニズム

 

まずは、敵を知ることが大切ですよ。

 

土曜日飲み過ぎてしまい、日曜日のお昼頃に起床。

頭が痛い、気持ち悪い、胸焼け、吐き気、だるさ。

今のあなたは前日飲み過ぎたせいで、アルコールを分解するときに発生するアセトアルデヒド(有害物質)を分解しきれていない状態に陥っています。

このアセトアルデヒドをなんとかしない限り二日酔いから立ち直ることはできません。

ちなみに、肝臓で分解されたアルコールはアセトアルデヒドになり、さらに肝臓で分解され最終的に二酸化炭素と水になり体外へ排出されます。

二日酔いの素、アセトアルデヒドを分解するには?

糖分がアセトアルデヒドの分解を促進させるといわれています。

くだものなどを食べるとよいそうです。

水分を取り、アセトアルデヒドを薄める方法もあります。

スポーツドリンクなら糖分を一緒に取れていいですね。

それから、適度な運動も血流を良くしてアセトアルデヒドの分解を早めるそうですが、二日酔いで気持ち悪いのに運動はムリですよね…

ぬるめのお風呂に入るのもアセトアルデヒドの分解を助けます。

しかし、これらの方法は残念ながら私にはあまり効果がありませんでした…

二日酔いからの早期復帰方法(私流)

これは、あくまでも私流のやり方なので効果の保証はありません。

 

自己責任でお願いします。

 

水をたくさん飲む

目覚めて二日酔いだったら、すぐに大量の水を飲みます。

気持ち悪くて何も口にしたくない状態でしょうが、ここは思いきってやってください。

アルコールには利尿作用があるので、脱水症状になっている可能性が高いです。

水分が足りなくなった血液はどろどろになり流れが悪くなります。

血液の流れを良くするために血管が膨張し、脳の神経を圧迫するので頭痛が起こります。

水をたくさん飲むことで頭痛がおさまるんです。

しばらくすると、お腹にたっぷり入った水のせいで、よだれがいっぱい出てくるでしょう。

 

ゲロの前兆予告です。 

 

吐いて胃をからっぽにする

はっきり言って昨日の暴飲暴食で、あなたの胃はもう仕事ができません。

胃の負担を少しでも減らすためにゲロは必要なんです。

 

注意) 鼻からゲロが出ると物凄く痛いです。ゲロをするときは、鼻から出ないよう細心の注意を払ってください。

 

ゲロをしたおかげで「気持ち悪さ」が少し軽くなったはずです。

ですが、アセトアルデヒドを分解しない限り二日酔いからは回復できません。

コーラを飲む

私は、昔から二日酔いになったときはコーラを飲んでいました。

コーラを飲むと、なぜか二日酔いが楽になるんです。

コーラには二日酔いを治す力があるんです。

空っぽになった胃にコーラを流し込みます。

 

♪爽やかになるひととき~

 

コーラの糖分がアセトアルデヒドの分解を促進させます。

ゲロで全部出してしまった水分の補給ができます。

コーラに含まれるカフェインは、血管を収縮させる効果があります。

脳の神経を圧迫していた血管が収縮され、頭痛がおさまります。

そしてなによりも、コーラを飲んだ後に出るゲップが、一瞬すごく楽になった気分にさせてくれるのです。

それが、爽やかになれるひととき…

まとめ

二日酔いを防止するためには、ウコンやしじみに含まれるオルニチンがよいと言われています。

確かにアルコールを分解するには十分な効果があります。

しかし、二日酔いを防ぐ効果はないんです。

なぜなら、ウコンを飲んだ分、いつもより多くのお酒を飲んでしまうから…

 

おっさんって、そんな生き物です。

 

キーワードは、「水」」「ゲロ」「コーラ」です。

遅くても、サザエさんが始まる前には完全復帰してくださいね…

健闘を祈ります。

本日は以上!