セブンの刺身【スモークサーモン】強めのスモーク味がおつまみに最適

コンビニって、仕事帰りに晩酌のおつまみをチョロって買うのにすごく便利ですよね。

安くて品揃えもいいのでスーパーの方が良いはずなんですが、チョロっと買うには広すぎます。

スーパーだとレジも混雑するし、どうしても便利なコンビニを選んでしまいます。

以前、セブンイレブンで「しめさば」が買えると言う記事を書いたことがあるのですが、なんとスモークサーモンの刺身が売っているのを発見しました。

 

合わせて読みたい:コンビニでおいしい刺身が買える【セブンの炙りしめさば】晩酌のおつまみに良い

 

セブンのスモークサーモンのレベルはどの程度の物なのか、食レポ開始です。


アトランティックサーモンとは?

購入価格は350円くらいだったかな。

結構なお値段ですが、なんて言ったってコンビニで買えるんですからね。

多少お高いのは我慢です。

「チリ産アトランティックサーモン使用」と分かりやすく書かれているので、チリはサーモンが有名なのか調べてみたところ、サーモンの価格が安くて有名らしいです。

チリ産のサーモンは危ない、なんて言う人がいますが、きちんと検査基準を通って輸入されているわけですからね、心配無用です。

日本のサケとは違う

ちなみに、アトランティックサーモンは日本のサケとは種類が違い、中東などでよく食べられている魚です。

日本名でタイセイヨウサケと呼ばれているのがアトランティックサーモンです。

飼育方法が簡単で養殖が盛んに行われていることから、安く日本に入ってきているようですよ。

回転寿司などの飲食店で私達が食べているサーモンは日本のサケではなく、ほぼアトランティックサーモンですので、知らずの内に食しているサーモンだったりします。


セブンのスモークサーモンを食べてみた感想

微妙な見た目…

さてさて、前置きが長くなってしまいましたので、急いで肝心の中身の紹介に移ります。

うんうん。

パックを開封するとスモークの香りがぐっときます。とってもいい香りなので、これだけでコップ1杯は余裕でビールが飲めますね。

ただ、ちょっと気になるのが、見た目おいしそうに見えないところでしょうか。

濃厚なスモーク

疑ってすいませんでした!

見た目とは裏腹に、しっかりスモークサーモンになっていました。

口に入れたときのスモークが広がる感じに加え、じっくり噛みしめていると現れるサーモンの風味

ちょっと切り身が薄いのですが、パッケージにサーモンサラダの写真がありましたからね、元々はサラダで食べる物なのかも知れません。…食べ方は自由です!

付属の調味料はなし

薄いサーモンが8切れくらい入っていました。

下に引かれたスポンジでボリューム感を出していますが、内容量は少ないです。

1人で晩酌するには問題ない量ですけどね。

それと、醤油などの調味料は一切入っていません。

スモークサーモンですと、何も付けずにスモークを味わう食べ方の他に、塩・醤油・わさび醤油などなど、お好みでってところでしょうが、醤油くらいは付けて欲しかったですね。

まとめ

セブンのスモークサーモン、おいしかったです。

何よりも、いつでもどこてもお手軽に刺身を食べられるという点がいいですよね。

ちょっと割高にはなりますが、仕事帰りに「お刺身食べたいな」なんて思ったときは迷わずセブンですね。

本日は以上!