はま寿司【横浜家系ラーメン】豚骨醤油と進化した絶品麺がうまい!

お寿司屋さんなのに、たくさんの種類のラーメンを提供し続けている「はま寿司」

毎年同じ時期に同じラーメンを数量限定で販売することが多いのですが、今でもまれに新作のラーメンを投入することもあり、はま寿司の並みならぬ力の入れようがうかがえます。


はま寿司 横浜家系ラーメン

家系ラーメンと呼ばれている、豚骨醤油のスープが特徴のラーメンの登場です。

今日は、ここのところ目に見えてレベルが上がっているはま寿司ラーメンを食べるということで、朝からわくわくが止まりませんでした。

どんな摩訶不思議アドベンチャーが待っているのでしょうか?

はま寿司のラーメンを食べ尽くしてきたという、自称はま寿司ラーメンマスターの私が、横浜家系ラーメンの味を素直に正直に、余すことなく食レポします。


食べてみた感想

見た目がイマイチ

具材は、味玉・チャーシュー・ほうれん草・海苔が入っています。

 

しかーし!!

 

麺は元より、具材にいたるまで全てがスープに浸かってしまっています。残念ながら、あまりおいしそうに見えません。

スープが多すぎるのか麺が少な過ぎるのかは分かりませんが、何でも「過ぎる」のは良くありません。

まぁ、床下浸水くらいのレベルなので大きな減点にはなりませんが、-5ポイントくらいでしょうか。

見た目の先入観がありますからね、見た目の悪さは味覚にもつながりますよ。

どうした、はま寿司!

うぬの力はその程度か!!

スープはピカイチ

まずはスープから頂きます。

スープの色で、ある程度の予想はつきましたが、なかなか濃いめのスープです。

はま寿司にはお寿司を食べにきている人がほとんどです。お寿司に付ける醤油で口の中が塩分になれてしまっているんです。

これくらい濃いめのスープなら味がはっきり伝わってきて、おいしさアップです。

豚骨が強めの醤油味ですが、醤油のコクを十分に感じられるバランスの良いスープに仕上がっていました。

醤油は家系専門店でも使用されているヤマサ醤油を使うというこだわりようです。

出だしは悪かったのですが、このスープで全て帳消しです。単においしいラーメンなのではなく「お寿司屋さんで出されるラーメン」というのを意識して作られているような考えられたスープです。

チャーシューは?

さてさて、次は薄っぺらくてやる気のなさそうなチャーシューを見てみましょう。

んー、何となくいつものチャーシューより厚みが増しているような気がしますが、多分気のせいだと思います。

いつもと同じで薄っぺらく、可もなく不可もない普通のチャーシューでした。

チャーシューはあくまでもサブですからね、そっとスルーしておきます。

進化した絶品麺

最後に麺なんですが、ひとくち食べた私に全身を貫くような衝撃が走りました。

 

おおーっ!

 

こ、この麺は、まるで生麺のようなコシとツルツル食感です。

モチモチ感はいまひとつでしたが、いつもとはあきらかに違う麺です。

私は、はま寿司の調理場の状況を知らないのですが、はま寿司ラーメンを食べ続けてきた経験から言いますと、今までの麺はおそらく電子レンジでチンして調理していたと思うんです。

 

ところがどうでしょう!

 

この麺は、とてもレンチンとは思えない素晴らしいできばえです。

たとえ今回の麺もレンチンだったとしても、この麺なら許せると思うほどおいしかったです。

ラーメン店のラーメンに限りなく近づいた、そんなハイレベルな麺でした。

まとめ

はま寿司の横浜家系ラーメンのクオリティの高さに驚くばかりです。

スープも麺も文句なしです。

税抜き380円と、お値段は安いとは言えませんが、ラーメン店に引けを取らないおいしいラーメンでした。

是非、食べてみてください。

本日は以上!