【低カロリーのジャーキー】大豆で作ったソイジャーキーが本物みたいでうまかった

スポンサーリンク

最近、流行っているみたいですね。

大豆で作った「お肉」みたいな食べ物

大豆ミートで作ったビーフジャーキーがおいしそうだったので買ってきました。

ソイジャーキー

パッケージが完全にビーフジャーキーなんですよね。

よく見ないと間違えてしまいそうです。

めちゃくちゃビールに合いそうだったんで、アサヒスーパードライも買ってきておりますよ。

 

まずは、なんで本物のビーフジャーキーを食べないで、わざわざ大豆でできた偽物を食べるのか?ですね。

えー、それはですね、本物より低脂質で、大豆の食物繊維と良質のタンパク質を摂取できるからなんですよ。

本物より健康的な食べ物なんです。

でもねぇ、やっぱり偽物だから「味さえ良ければ」に限られますけどね。

食べてみた感想

本物っぽい

見た目はなかなか影武者していますね。

ぱっと見、分からないんじゃないかな。

結構厚めの偽ジャーキーが、思ったよりたくさん入っていました。

このくらい内容量があれば、缶ビールを片手におつまみとして利用できそうです。

歯ごたえ良し

本物のビーフジャーキーを食べているような堅い食感なんです。

なかなかよくできていますね。

味はさすがにちょっと違うんですが、いいところまできています。

原材料に「ビーフジャーキー風 調味料」って謎の調味料が使われているのですが、これのせいかな。

よく噛んで食べていると、ふわっとビーフジャーキーの風味が感じられます。

あとね、意外と辛めの味付けになっていて冷たいビールが最高っす!

カロリーとか原材料

カロリーは1袋45g当たり141kcal

脂質0.3g

食物繊維4.1g

本物のビーフジャーキーだったらこうなります。

ビーフジャーキー45g、142kcal

脂質3.6g

食物繊維0g

そもそもビーフジャーキー自体が低カロリーなんでね、大豆で作ってもカロリーは変わらないみたいです。

だけどさ、脂質がかなり低くなっているんですよね。

めちゃくちゃ優秀です。

食物繊維はですね… どうでもいいかな。

食物繊維はね、きんぴらごぼうとか食っていれば大丈夫なんで、あまり気にしなくていいと思いますよ。

まとめ

大豆で作ったソイジャーキー、かなりビーフジャーキーぽかったです。

ソイジャーキーなら、本物のビーフジャーキーの約半値で買えてしまうんですよ。

安くて健康に良い、ビーフジューキーみたいな食べ物って感じですかね。

普通においしくてビールのおつまみによく合いました。

ビーフジャーキーが大好きなんだけど脂質がね…

みたいな人に良いと思いますよ。

本日は以上!