高いけどうまいインスタントラーメン 白クマラーメンを食べてみる

かわいいパッケージのインスタントラーメンを見つけました。

値段を見たら結構高かったのですが、高いのにはそれなりの理由があるはずです。

思いきって買ってきましたよ。

札幌円山動物園ラーメン

通称 白クマラーメンです。

購入価格 159円

 

たけぇよ。

 

って素直に思えた方、あなたは標準的な感性をお持ちです。

なかなか高額のインスタントラーメンなんで、凡人は手を出さないですね。

だって、159円っていったら4個入りパックのインスタントラーメン買えるもん。

1個で159円なんて、普通買えねぇよ…

ただね、このラーメン、「寄付付き商品」という物で、札幌市内の動物園「円山動物園」のホッキョクグマを支援するラーメンなんだって。

白クマラーメンが1個売れると、3円が寄付される仕組みです。

まっ、北海道の白クマはどうだっていいんですけど、パッケージのイラストに引かれるよねー

麺は藤原製麺

丁寧に袋に入れられた麺と液体スープの素が入っていました。

液体スープの素にもクマのイラストがありましたよ。

 

うーん  かわいらしい!

 

えー、この麺なんですが、藤原製麺ってところの麺でした。

生麺を2日かけて乾燥させたという、すごく手の込んだ麺です。

めちゃくちゃうまい麺なんですよ。

価格が高いのは、この麺のせいですね。

ちなみに、藤原製麺は永谷園のグループ会社です。

そう、あのお茶漬けで有名なところ。

めちゃくちゃ車の運転がうまい人がいる「藤原とうふ店」とは無関係です。

ラーメンを作る

作り方がめんどい

水600mlをきちんとカップで量って投入しました。

ここを適当にやってしまうと、本来のスープのおいしさが出ませんからね。

沸騰した鍋の中で、4分30秒茹でるように書かれていました。

さらに、麺を投入してから3分30秒後に麺をほぐせと、白クマのイラスト付きで説明されています。

うん。

めんどくさい。

まぁ、ちゃんとやらないとおいしさ100%の状態で食べられないからね、めんどくさいけど時計を見ながら頑張ります。

液体スープの素、中身はこんな具合ですよ。

程よく油分が入っていていい感じです。

袋から油をよーく絞り出してくださいね。

食べてみた感想

生麺みたい

麺が激ウマです。

ツルツル、シコシコの細麺で、インスタントとは思えないくらいハイレベルです。

さすが藤原製麺と言いたいところです。

ちじれた細麺がたくさんのスープを連れてきて、お口の中でランデブーです。

本格的なスープ

濃厚な塩スープは、一瞬しょうゆ味を思わすほどのコクがあります。

なのに、後味さっぱりでかなり本格的です。

強めの塩味のスープが麺とベストマッチですね。

お店にあるラーメンに極めて近いと思います。

カロリーとか塩分量

カロリーは303kcalです。

サッポロ一番塩ラーメンが443kcalですから、かなりヘルシーですよ。

ただ、塩分が高いです。

サッポロ一番塩ラーメン 5.8g

白クマラーメン 8.1g

スープまで飲み干すのは非常に危険ですね。

まとめ

「札幌円山動物園ラーメン」

値段が高かったけど、値段に見合うおいしいラーメンでした。

インスタントラーメンで、ここまで本物に近い奴はないんじゃないかな?

かなりおいしかったです。

白クマにまったく興味がなくても大丈夫です。

1度食べてみてください。

本日は以上!