ドライブレコーダーの音声記録に注意!事故の映像を見ていたら凄く恥ずかしい思いをした話

私の愛車、ハイゼットカーゴにはドライブレコーダーが付いています。

3年前にAmazonで買って自分で取り付けました。

あおり、幅寄せなどの危険運転の対策ということで最近注目を集めていますが、私が付けた理由は違うんです。

ドライブレコーダーを付ける前に交通事故を経験しているんです。

そのときに私の車が停車していたのか、それとも動いていたのか?

相手方ともめたことがあるんですよ。

結局は、私が停車していたときの事故ということになり、10対0で処理されたので良かったのですが、

ドライブレコーダーがあれば、もめることもないし便利だなと思い取り付けました。

交通事故が発生

たいした事故ではないのですが、停車していた私の車に、スーパーバックしてきた前の車が衝突するという変な事故が起きたんです。

このとき私は、やっとドライブレコーダーが役に立つぜ!と思っていました。

とりあえず、相手の免許証の写真を撮り「バックレ」を防止した後、2人で最寄りの警察署へ向かいました。

警察署で事故を証明してもらわないと保険が使えないためです。

警察官に事故の状況を説明

警察官が車の破損状態の写真を撮ります。

その後、どうゆう事故だったのかの説明をしました。

今回の相手の人は完全に自分が悪く、私の車が停車していたことも認めていましたので、もう話すことは何もありません。

後は、保険屋さんの仕事になります。

ドライブレコーダーに気付く

あれ? お車にドライブレコーダーが付いてますよね。録画してあるの見れますか?

警察官にドライブレコーダーの記録を見せる必要はなかったのですが、、、

相手の人が保険屋と話をしている内に気が変わって、「やっぱりお互いに車が動いていた」とか言い出すこともよくあります。

10対0を確定させるために、警察官にドライブレコーダーの記録を見せることにしました。

ドライブレコーダーを再生する

ドライブレコーダーの中にはマイクロSDカードが入っていて、映像と音声を記録しています。

そのカードをスマホに差し込むと再生できるんです。

スマホの画面を警察官3名と事故の相手、私の計5人で見ています。

事故が起こる1分くらい前でしょうか。

仕事帰りだった私は、大嫌いな仕事から解放されて超ごきげんだったんです。

車内で歌を歌ってしまう私

そこには、大きな声で「マツケンサンバ」を歌う私の音声が記録されていました。

♪オーレー、オーレー、マツケンサンバー

一瞬、警察官のひとりが「ププッ」っとなったのを私は見逃しませんでした。

 

やばい! めちゃくちゃ恥ずかしいじゃんかよ!!

 

そんな私の気持ちにかまうことなく、いつまで経っても肝心の事故の場面になりません。

そしてマツケンサンバのサビ部分が終わり、2番に突入してしまうのです。

そのとき私は、ずっと心の中で叫んでいたんです。

 

もうやめて! お願いだから、これ以上うたわないで!

 

今思えば、スマホのボリュームをオフにすればよかったんですよね。

しかし、そのときの私は気付かなかったのです。

ノリノリで歌い続ける私…

歌詞が分からない所々を鼻歌混じりに乗り越え、2番のサビ部分がやってきました。

 

♪オーレー、オーレー、マツケンサンバ!

 

2度目のサビ部分でようやく事故が発生し、私の車が事故時に停車していたことが証明されました。

それから、私がマツケンサンバのサビ部分以外は、よく分かっていないことも証明されたのです。

最後に

まじで恥ずかしかったですよ。

オレッ!!ってところまで、しっかりと録音されていましたからね。

ドライブレコーダーの音声記録は「オフ」に設定できるので、状況に応じて切り替えた方がいいですね。

3名の警察官は終始、笑いをこらえている様子でした。

事故の相手でさえ、にやけていたんです。

 

お前は、笑うな!!

 

ドライブレコーダーを再生するときは、再生機器の音量を「0」にしてからの方が絶対いいですよ。

 

ちなみに、不具合もなく3年間使用している私のドライブレコーダーがこれです。

余計な機能のないシンプルなドライブレコーダーですが、3年経った今でもとても良好です。

本日は以上!