【ホルモン焼きとビール】組み合わせが最高にいいので、その理由を調べてみた話

ビールを飲んでホルモン焼きを食べる。

最高においしい組み合わせですよね。

ただね、良く合う組み合わせには、必ず何かしらの理由があるはずなんです。

 

たとえば「味噌汁とワカメ」

 

ワカメに含まれるアルギン酸が、味噌汁の塩分を体外に排出する効果があります。

その他にも「おにぎりと梅干し」「さんまと大根おろし」「バッファローマンとモンゴルマン」などなど

昔からある組み合わせには必ず意味があるんですよね。

今日は、ホルモンとビールの組み合わせについて調べてみますよ。

豚ホルモン焼き

スーパーに売っていた、安くておいしい「味付きホルモン」です。

軽く焼くだけで出来上がってしまう手軽さとおいしさ、晩酌のおつまみに最適なんですよ。

賞味期限が短いのが欠点なんですが、冷凍保存が効きますからね。

安売りのときにいっぱい買っておいて、冷凍しておくのもありですよ。

豚ホルモンの詳細

ホルモンを焼いている間に使用しているホルモン「豚モツ」の説明をしときますね。

 

モツと呼ばれる部位は、主に「大腸」や「小腸」のことをいいます。

モツはカロリーが低くてヘルシーなお肉なんですよ。

豚モツは牛モツよりもさらにカロリーが低く、ヘルシー志向の女性に良い食材です。

コラーゲンがたっぷりなのも有名ですね。

コラーゲンは、お肌をトゥルトゥルにしちゃうんですよ。

プリン体が多く含まれています。

ビール

ビールの詳細

アルコール飲料の一種で、大麦を発芽させた麦芽を発酵させて作ります。

ビールに含まれるポップには、抗酸化作用、鎮静作用、催眠作用、抗菌作用などなどの薬理効果があります。

ビタミンBが豊富で動脈硬化の予防になったりと、栄養満点の飲料だったりします。

プリン体が多く含まれていますよ。

組み合わせの効果

ビールにはプリン体が多く含まれていることは知られていますよね。

あの「痛風」になりやすくなるという恐怖のプリン体がたっぷりと…

「味噌汁とワカメ」の例からいけば、ホルモンにはビールに含まれるプリン体をおさえる効果がある筈なんです。

 

しかし、ホルモンにもプリン体がたっぷりと含まれています。

 

そんなプリン体がたっぷりのホルモン、なんとビールのプリン体をおさえる力が…

 

さっぱりありませんでした。

 

まとめ

相性のよいホルモンとビールは、プリン体をプリン体で体内に流し込むという、悲劇のダブル効果であることが判明しました。

「ホルモン」と「ビール」のボタンを押すとですね、「痛風のショートカット」になるという最悪のショートカットキーだったのです…

 

今回の組み合わせは非常に残念な結果になってしまいました。

絶対に何かあると思ったんですけどね…

プリン体の取りすぎには十分に気をつけて、いつまでも楽しい晩酌ライフをお送りください。

本日は以上!