キャラメルコーンをおいしくする【キャラメルコーンをおいしく食べる方法】

スポンサーリンク

先日、スーパーでキャラメルコーンが売っているのを見かけました。

キャラメルコーンってさ、なんかもう飽きたっていうか…

あまり食べなくなりましたね。

決して、キャラメルコーンが嫌いというわけではないんですけど、なんか買う気にならないんですよ。

どうしても、新しい味がバンバン新発売されるポテチ系のお菓子を買ってしまいます。

でも、キャラメルコーンはアレンジ次第で、めちゃくちゃおいしくなるんですよ。

今日は、キャラメルコーンを簡単にアレンジして一段とおいしくする方法を紹介します。

キャラメルコーンをおいしく食べる方法

電子レンジで加熱

キャラメルコーンを袋から取り出して別の容器に入れたら、ラップをしないで30秒前後加熱します。

加熱時間は目安ですので調整してくださいね。ラップをしないってところが重要ですよ。

キャラメルコーンの甘さが強く引き立ち、ワイルドになるんです。

ポップコーンのキャラメル味に近い香ばしい風味に変わります。

 

びっくりするくらいおいしくなりますよ!

 

この「お菓子を電子レンジで温める」って方法は、キャラメルコーンだけに限りません。

ほかのお菓子にでも使えるので、いろんなお菓子でチャレンジしてみると楽しいと思います。

それから、袋のまま電子レンジで加熱してしまうとバチバチ火花が出ます。

マジびっくりするので、必ず陶器などの容器に移して加熱してくださいね。

ピーナッツを増量する

キャラメルコーンの醍醐味といったら、やはり後半に現れる「ピーナッツ」なんですよね。

えっ?! そうでもない?

このピーナッツは、暑いときにキャラメルコーン同士がくっついてしまうのを防ぐ働きのある「塩」を、袋全体にまんべんなく行き渡らせるために入っています。

このピーナッツと塩がうまいんですよね。

大量に「皮付きの塩ピーナッツ」を投入して、塩とピーナッツを増量します。

ピーナッツが増えたことにより塩気がアップしてパンチが加わりました。

「塩キャラメル」風味ですかね。

皮付きピーナッツの歯ごたえがキャラメルコーンを飽きさせず、最後までおいしく食べることができます。

牛乳を入れる

これもかなりおいしいです。

キャラメルコーンの甘さが牛乳に移って甘いスィーツのようになります。

シリアルのような感じですね。朝ご飯として食べても全然問題ないと思いますよ。

 

シリアルみたいに栄養ないけど…

 

まとめ

最近あまり食べることのなくなったキャラメルコーンですが、まだまだ捨てたもんではありません。

アレンジ次第では安くておいしいお菓子になるんです。ほら、キャラメルコーンって結構安く売ってますよね。

まだまだ隠れたおいしい食べ方があるはずなので、いろいろ試してみるとおもしろいと思います。

本日は以上!