ドライブレコーダーがなくても効果あり?【あおり、幅寄せ】を未然に防ぐステッカーで危険運転対策

スポンサーリンク

ドライブレコーダーに録画された危険運転が、YouTubeなどにアップされているのをよく見かけます。

録画された危険運転が証拠となり、後日運転者が逮捕されることもめずらしくなくなりました。

あおり、幅寄せ、悪質なドライバーもバカではありません。

ドライブレコーダーを搭載した車両には危険運転をしなくなってきているんです。

だって、捕まっちゃうもん。

軽自動車は狙われやすい?

私のスーパーカー、ダイハツ ハイゼット カーゴです。

おっさんや、お年寄りが乗っているイメージの強い車です。

この車を運転していると、クラクションを鳴らされたり無理な割り込みをされたりすることが多いと感じます。

ハイゼット カーゴに限らず、軽自動車っていじわるされることが多いですよね。

ドライブレコーダーを付けただけではダメ

数年前に、ドライブレコーダーを付けたんです。

これは、危険運転を防ぐことが目的ではなく、事故にあったときの記録や運転中に決定的瞬間的なものを録画したくて取り付けたんです。

危険運転が原因で命を落とす事件があったりテレビで取り上げられるようになってから、ドライブレコーダーの設置が以前の数倍になっているというニュースを見ました。

危険運転をされたら怖い、ドライブレコーダーを付けよう!

って思う人が増えたからなんです。

ただですね。ドライブレコーダーを付けただけじゃ危険運転はなくならないんですよ。

だって、ドライブレコーダーで自分のした行為が録画されているって相手側が分からないんだもん。

現に、ドライブレコーダーが付いている私の車が、信号待ちをしていて青に気づくのが数秒遅れただけで、永遠とクラクションを鳴らされる嫌がらせをされたりしているわけですよ。

ドライブレコーダーが付いていると周りに知らせることが大切なんです。

ドライブレコーダーステッカーの売れ筋を紹介

シールタイプ

このシールを貼っておけば大丈夫です。

周りを走る車にドライブレコーダーで録画されていることを確実に伝えることができるでしょう。

表示は大きい物が良いです。小さいと、かなり近づかないと見えないんですよね。

Lサイズで十分な大きさです。

マグネットタイプ

シールを貼るのに抵抗のある方はマグネットタイプが良いでしょう。

いつでも表示場所を変更できます。

英語で表記されているおしゃれなステッカーもありますが、あまりおすすめできません。

このステッカーは録画されていることを知らせることを目的としています。

日本語で「いかにも」って感じの方が効果的です。

吸盤タイプ

吸盤で車内に貼り付けるタイプです。

シールやマグネットの場合、貼る場所によっては剥がされたり盗まれてしまったり、いたずらされる可能性があります。

車内なら安心ですね。

まとめ

ドライブレコーダーを取り付けることも大事ですが、それを知らせることの方が重要です。

ドライブレコーダーが付いているのにステッカーがない方は、すぐにでも貼った方が良いですね。

ドライブレコーダーをまだ付けていない車にも危険運転をさせない効果が十分あるステッカーだと思いますよ。

「なんちゃってドライブレコーダー」は自己責任でお願いしますね。

本日は以上!