蕎麦で焼きそばを作ったら、めちゃくちゃうまかった【実食レビュー】

スポンサーリンク

3食入りの蒸し焼きそばを作っていて思ったのですが、「焼きそば」?

そばっていうと「蕎麦」が浮かんでしまうんですよね。

あれってさ、本来は「焼きそば」じゃなくて「焼き麺」っていうのが正しいんじゃないのかな?

よくよく考えてみると蕎麦に失礼だよね。

本物の「焼き蕎麦」を作ってみることにしました。

焼き蕎麦を作る

用意するもの

・蕎麦(ゆで)

・キャベツ適量

・豚バラ適量

・焼きそばソース

 

シンプルにこんな感じでいいんじゃないでしょうか。

焼きそばソースは市販の物もありますし、3色入り蒸し焼きそばの麺を他の料理に使うときなんかの余りを利用しても良いです。

 

合わせて読みたい:【焼きそば3食入り】の袋麺を使ってラーメンを作る

 

蕎麦を投入する

普通に具材を炒めたら、蕎麦を入れます。

3食入り蒸し焼きそばの麺を入れるときと同じです。

蕎麦の袋を開けたら、そのままダイレクトにフライパンへ!

なんか、いつもと違うから凄く違和感がありますよ。

水を適当に入れる

ここね、水を入れる量をしっかりしたい人は、3食入り蒸し焼きそばの作り方を見て参考にしてください。

私は凄く適当な性格なんで、水道の蛇口までフライパンを持っていって気分任せに入れます。

そんで、入れ過ぎたら余分な水を捨てて、足りなければまた入れるだけです。

水が飛ぶまでノリノリで炒めてくださいね。

味付けをする

3食入り蒸し焼きそばの粉末ソースを使用しました。

いろんな味付けがあると思うのですが、今回は初めてのチャレンジですからスタンダードの「ソース味」にしてみます。

ここまでなんですけど、麺の色が違う以外は普通の蒸し焼きそばを作っているのと何も変わりません。

どんな焼きそばになるんでしょうか?

食べてみた感想

見た目は普通の焼きそば

めちゃくちゃうまそうに出来上がりました!

ただ心配なのが、見た目が普通の焼きそばと全く同じなんですね。

この食べ物が「焼き蕎麦」であることを知っているのは恐らく調理した私のみです。

見た目もにおいもソース焼きそばその物なんです。

噛むほどに蕎麦のうまみ

口に入れたときは気づかないのですが、よく麺をかんでいると蕎麦の味がふわっとくるんですよね。

ソース味の焼きそばから、蕎麦に味が変わってくるんです。

よく噛んで味わって食べたくなる、おいしい麺(蕎麦)ですね。

意識しないと分からない味

今回、この焼き蕎麦を家族の分も作り、みんなで食べました。

もちろん、麺に蕎麦を使用していることは誰にも言っていません。

反応を試したかったんですよね。

家族全員、とてもおいしいと残さず全て食べてくれましたが…

 

誰一人、蕎麦と気付く人はいませんでした。

 

マジか!って思いましたが、人間の舌なんてそんなもんです…

まとめ

本物の蕎麦を使った焼き蕎麦、なかなかおいしかったです。

ソース味以外にもいろいろ試してみると、新たな味に出会えるかも知れませんね。

「塩味」なんかうまそうですよ。

蕎麦が安売りしていたときなんかに試してみてください。

楽しいですよ。

 

合わせて読みたい:蕎麦とシチューを混ぜる シチュー蕎麦を作ってみた

 

本日は以上!