のり塩バタピー【稲葉ピーナツ】缶ビールのおつまみにするとおいしいぞ!

スポンサーリンク

最近、缶ビールとピーナッツの組み合わせが最高だってことに今更ながら目覚めたんですよね。

いろんな味のピーナッツ探しを楽しんでいたりする今日この頃、スーパーで「のり塩バタピー」なるピーナッツを見つけました。

のり塩バタピー

パッケージがコイケヤのポテトチップスっぽいので、どこかのメーカーとコイケヤのコラボ商品かと思ったのですが…

 

まったく関係ないようです。

 

おそらく、コイケヤのポテトチップスのり塩味と勝手にコラボしてしまった、ひとりコラボ商品ですね。

だけど、私は好きですよ。

こうゆうバッタもんみたいなギリギリのパクり!

アジダスだってピューマだって私は大好きです。

チャック袋になっている

これなら、一度に食べきれなくてもチャックをして保存しておけば鮮度をキープできます。

ピーナッツは鮮度が落ちると油が劣化し、不味くなるばかりか体に有害ですからね。

それよりも、776kcalもあるから晩酌のおつまみで一度に食べてしまうのはあまり良くありません。

2~3回に分けて食べるためにも、チャックが付いているのは非常に良いです。

持ち運びにも便利だよね。

食べてみた感想

ポテトチップスのり塩味とそっくり!

チャックが付いていたのですが、ワイルドにパーティ開けしてしまいました。

ピーナッツに青のりがたっぷりかかっていて、とってもいい香りがします。

ピーナッツを食べているわけですが、なんかポテトチップスのり塩味を食べている感じがしてなりません。

この「のり」が完全にポテトチップスのり塩味なんですよね。

磯の香りに強めの塩加減が酒のつまみにジャストフィットです。

余談なんですけど、これ… ポテトチップスのり塩味を砕いて混ぜたら、もっとおいしくなると思います。

カロリーとか原材料

内容量125g カロリーは776kcal

なかなかヘビーですね。

吉野家の牛丼並盛り(669kcal)を遥かに越える高カロリーです。

晩酌しているとペロッと1袋いっちゃいそうなので注意が必要ですね。

ピーナッツは中国産を使用していますが、国産のピーナッツを使っている商品自体なかなかありませんよね。

気にする必要はないでしょう。

まとめ

甘い物から辛い物まで、いろんな味があるバタピーですが、のり塩あじの「稲葉ピーナツ のり塩バタピー」なかなか美味しかったです。

稲葉ピーナツって会社がいまいち分らないのですが、社名にピーナツを付けるくらいですからね。

ピーナツのプロなんでしょうね。

57gの小さいタイプもあるようです。缶ビールのアテにすごく良かったですよ。

本日は以上!