3食入り蒸し焼きそばの美味しい作り方【麺をモチモチにする方法】

スポンサーリンク

どうも、自称お料理研究家の正三です。

私はスーパーに行くと安く売られている「3食入り蒸し焼きそば」を買うんです。

いくら安くても、どうせならおいしく食べたいですよね。

今日は「3食入り蒸し焼きそば」の麺を、モチモチにする裏技をご紹介します。

3食入り蒸し焼きそば

安い焼きそばで大丈夫

定番の「マルちゃん焼きそば 3人前」って結構高いんですよね。

でも、裏技を使うので高いマルちゃんを買わなくても大丈夫ですよ。

3食入りで99円のとても安い蒸し焼きそばを買ってきました。

 

3食入り蒸し焼きそば麺は、焼きそば以外にも使えるから便利です。

麺をモチモチにする方法

電子レンジで加熱する

袋麺の袋を開けずに、そのまま電子レンジに入れて30秒くらい加熱します。

上記写真のように袋がパンパンに膨らめばいいでしょう。

加熱し過ぎると袋が膨れ上がり、大きな音を出してパンクするので注意してくださいね。

 

電子レンジから出るマイクロ波が、麺の中のでんぷん質を糊状に変化させてくれるんです。

安い蒸し焼きそばの麺でも、糊状に変化したでんぷん質のおかげでコシのあるモチモチした食感になってしまうのです。

 

たったこれだけですよ。

 

蒸し焼きそばを作る前に電子レンジで30秒加熱するだけです。

たったそれだけで、安い焼きそばが凄くおいしくなってしまうんです。

焼きそばを作る

普通に調理

後は具を炒めてから麺を入れ、普通に焼きそばを作ればOKです。

電子レンジで加熱した麺は、ほぐれやすくなっているので調理が楽になりますよ。

今回はキャベツの代わりに水菜を入れました。

麺が蒸し上がる少し前に水菜を入れると、シャキシャキ感が残ってベジタブルなおいしい焼きそばになるんですよね。

食べてみた感想

麺が別物

このモチモチ感が写真で伝わらないのが残念です。

とても99円の安い蒸し焼きそばとは思えない、モチモチとしてふっくらした麺になりました。

これが、麺のでんぷん質を糊状に変化させた効果なんですよね。

 

麺の食感が全然違います。

 

シャキシャキしたみずみずしい水菜が最高においしい水菜焼きそばの完成です。

まとめ

調理前に電子レンジで温めるだけです。

99円で買えてしまう安いが、モチモチして歯応えがしっかりした激ウマ高級焼きそばになりました。

とっても簡単なのに抜群の効果があるので、蒸し焼きそばを作る前には電子レンジで加熱する癖をつけてくださいね。

 

合わせて読みたい:【3食入り蒸し焼きそば】の袋麺でラーメンを作る

 

本日は以上!