電子レンジでハンバーグを温めながら、同時に目玉焼きを作ってみた

スポンサーリンク

昨日の夕飯で食べ残してしまったハンバーグを、今日の晩酌のおつまみに加えようと思っています。

ただね、ハンバーグっていったら目玉焼きが付き物ですからね、生卵を一緒に入れたら目玉焼きになるのか実験してみました。

生卵とハンバーグを電子レンジで加熱する

この状態でラップをして電子レンジで加熱してみようと思います。

私の予想では、電子レンジで加熱すると…

ほかほかに温まったハンバーグと、おいしそうな目玉焼きが同時に完成すると思うんですよね。

1度に2度おいしい「ハンバーグエッグ」になるはずです。

うん、とっても便利!

しかし、どれくらい電子レンジで温めれば目玉焼きになるのか見当もつきません。

とりあえず600Wで3分間をセット、様子を見ながら加熱してみます。

卵が爆発する

加熱して2分が経過したときに事件が起こったんです。

予告や前兆のようなものは一切ありませんでした。

 

ボーン!

 

慌てて電子レンジの扉を開けて中を確認してしてみると、

 

卵が大爆発していました。

 

電子レンジ内には、無残に飛び散った卵の残骸が… 

爆発した卵がラップを引き裂き、電子レンジ内に飛び散っていました。

ラップを引き裂くって、結構な破壊力がありますよね。

裂けたラップの隙間から爆発した卵を見ると、どうやら卵の黄身が破裂したみたいなんです。

ほぼ目玉焼きに

爆発後の残った卵を見てみると、限りなく目玉焼きに近い状態になっていました。

あと数秒早く電子レンジを止めていれば爆発しなかったんです。

爆発さえしなければ、完全な目玉焼きになっていたはずです。

すごく惜しいところまできていたんですよね。

残念です。

上手に作るためには

これ、爆発させない方法があるんです。

実験したときは知らなかったのですが、卵を爆発させない方法を説明します。

 

卵の黄身に、つまようじで数ヶ所穴を開けると爆発しなくなるんです。

たったそれだけ

たったそれだけで、電子レンジで目玉焼きができるんです。

時間を調整しながら、いろんな食材と組み合わせて調理するとおもしろいと思います。

半熟卵が作れるようになれば完璧ですね。

まとめ

電子レンジで目玉焼きを作ると、黄身が固くなるような気がしていたんです。

しかし、ホクホクの黄身が大変おいしい目玉焼きになっていました。

ハンバーグもバッチリ温まっていましたし、爆発さえしなければ完璧な出来上がりでした。

つまようじで、卵の黄身を刺してから温めてみてください。

おいしい目玉焼きができるはずですよ。

本日は以上!