切り餅を電子レンジで食べる【ダイソーのお餅トレー】でお餅を焼いてみる

お餅を電子レンジで焼くっていうか、つきたてみたいにやわらかくするアイテムがダイソーにありました。

お餅はオーブントースターで「カリッと」焼いて食べるのが好きなのですが、電子レンジってどうなんだろうか?

ダイソー お餅トレー

私がお餅を電子レンジで加熱するときって、雑煮の中に入れたりインスタントラーメンに入れて「力もちラーメン」みたいにするときです。

電子レンジで加熱すると、確実にお皿にくっつきますよね。

お皿にべったりついてしまい、剥がそうとしても熱くてお餅にさわれなかったりするんですよ。

どんな商品なのか、さっそく中身を見てみます。

お餅を浮かせる足

トレーには、足が付いていてお餅を浮かせるようになっています。

お餅全体に熱が行き渡るから、たったの1分弱でお餅が膨らんでしまうというわけなんですね。

オーブントースターで焼くとなると10分くらいかかるから、かなりお手軽にできます。

トレーの表面に穴と丸い突起

トレーに空いている無数の穴も、お餅に熱を通しやすくするための物です。

お餅の密着面を減らす効果もありますね。

他には、丸い突起が全体に付いています。

この突起で、さらにお餅がトレーにくっつくのを防ぐようです。

電子レンジで加熱する

たったこれだけのことで、あのベッタベタになるお餅がくっつくのを回避できるとは思えないのですが…

 

まっ、100円ですからね。

 

使えなかったら、このトレーの上にフィギアを乗せて飾ればいいだけの話です。

お餅を水にくぐらせたらトレーに乗せて電子レンジにGO!

50gのお餅だと500Wで40~50秒と書かれています。

50gって結構小さめのお餅ですよね。

佐藤の切り餅とか、市販されているタイプのお餅がちょうど50gです。

写真で使用しているお餅は自家製で、100g以上あるので90秒加熱してみました。

ぷっくり膨らみます

漫画に出てくるお餅みたいに、風船のように膨らみました。

すぐにしぼむのでシャッターチャンスが難しくてあまり膨らんでいませんが、実際はもっと「ぷくーっ」ってなります。

加熱時間はあいまいなので、電子レンジに張り付いてお餅が膨らむのを見ているのが1番良いと思います。

トレイにくっつかない

お餅トレイのパッケージに、「くっつきにくいよ~」って書いてあったから、あんまり信用していなかったのですが…

まったくトレーにつかず、すんなりお餅が取れました。

まさしく、つきたてのやわらかいお餅が完成しました。

醤油を付けて海苔で巻いて頂いたんですが、やわらかくってめちゃくちゃおいしかったです。

まとめ

ダイソーの「お餅トレー」は本当にくっつかなくて凄く便利でした。

冒頭でも書きましたが、私はオーブントースターで外はパリっと中はやわらかく焼くのが好きなのですが、電子レンジもありだと思いました。

外はパリッとしませんが、このトレーに乗せてお餅を作ると、とてもおいしく出来上がります。

お皿に乗せるのと、何かが違うんですよね。何だか分かんないけど…

お餅を食べる機会が多い人におすすめの商品です。

本日は以上!