オニオンスライスを毎日食べることになった話

どうも、中性脂肪でいっぱいの正三です。

私の実家は、今住んでいる所から車で10分足らずの場所にあります。

凄く近いので、結構マメに小学生の娘を連れて遊びに行っています。

先日、実家に行ったときに野菜をたくさん貰ってきたんです。

たくさんの玉ねぎ

皮が剥いてある玉ねぎ

冷蔵庫を開けたら、ビニール袋の中に大量に詰められて、端の方に申し訳なさそうに置かれていました。

実家から貰ってきた野菜の一部なんですが、これ何だか分かりますか?

そうです、玉ねぎです。

しかし、ただの玉ねぎじゃないんですよ。

 

正確には、

皮が剥かれている大量の玉ねぎです。

 

これだけの量の玉ねぎを使うとなると…

玉ねぎがたっぷり入ったシチュー、ほとんど玉ねぎだけの野菜炒めでしょ、

あとは、玉ねぎにパン粉をつけて揚げたオニオンリングくらいしか思い浮かびませんが、今夜は玉ねぎ祭りかな?

 

皮が剥いてある玉ねぎがいっぱい冷蔵庫の中にあるんだけど、これ今日全部使うの?

 

嫁さん「え? 使わないよ。」

 

なんで、ある玉ねぎ全部の皮を剥いちゃうのかなぁ…

使う前に、使う分だけ剥けばいいじゃん。

 

嫁さん「だって、最初から剥いてあった方が使いやすくない?」

 

そ、そうだね、剥いてあった方がいいよね…

私は、それ以上何も語ることはありませんでした。

 

なぜなら、

 

この人はもう手遅れなんだな。

 

そう思ったからです。

オニオンスライスを作る

いくら日持ちする玉ねぎでも、皮がなくてはダメになるスピードが早いはずです。

玉ねぎを無駄にしない為にも、今日は玉ねぎをたくさん消費できる「オニオンスライス」を作りました。

スライサーでスライスして、水に10分弱浸ければ完成です。

昔、居酒屋でこのオニオンスライスを「オニオンライス」と読み間違えて注文したことがあるんです。

出された商品を見て凄くビックリした経験がある、思い出深いオニオンスライスです。

水に浸ける時間で玉ねぎの辛さを調整できますよ。

長時間水に浸けておくと、なんの味もないただのシャリシャリした食べ物になりますけど…

若干辛い方が酒のつまみにはいいかな。

しょうゆやドレッシング、マヨネーズであえてもおいしく食べれますよね。

玉ねぎの効果

玉ねぎに含まれる硫化アリルは、動脈硬化の原因となる血栓やコレステロールの代謝を促進し血栓を出来にくくする作用があります。よく言われる「血液がサラサラになる」と言うのはこの効果で、高血圧、糖尿病、動脈硬化、脳血栓、脳梗塞などの予防を期待出来ます。

最後に

しばらくオニオンスライスが続きそうだけど体に良さそうだから、まぁいいかな…

玉ねぎは皮を剥かずに常温で保存するようにしましょう。

本日は以上!