かっぱえびせんを七味唐辛子と一緒に炒めたら、お酒のおつまみに最高だった

晩酌をしながら「かっぱえびせん」を食べることがよくあります。

かっぱえびせんって、ポテチなんかと比べると地味な感じがするお菓子なんだけど、私はあのエビの風味が大好きなんですよ。

ノーマルの塩味以外にも、期間限定とかでたくさんの味が発売されるから飽きることがありません。

晩酌のおつまみにアレンジする

たいへんおいしいかっぱえびせんですが、「晩酌のおつまみ」としてのレベルには達していません。

かっぱえびせんって、やっぱり子供のお菓子なんですよね。

いくらエビの風味がよくても「お菓子をつまみながら晩酌している」を越えることができないんです。

かっぱえびせんが「晩酌のおつまみ」としての立場を確立するためには、どうしたらよいでしょうか?

今日は「かっぱえびせん」が晩酌のおつまみになれるように手を加えてみたいと思います。

用意する材料

  • かっぱえびせん
  • 七味唐辛子
  • にんにく(チューブ入り)
  • サラダ油

材料は、たったのこれだけでOKです。

かっぱえびせんを辛くて風味豊かな「激辛かっぱえびせん」にアレンジして、晩酌によく合うお菓子にしちゃいますよ。

かっぱえびせんを炒める

フライパンにサラダ油をちょぴりたらし、にんにくを少々入れたら強火でにんにくをさっと炒めます。

にんにくの良い香りがしてきたら、かっぱえびせんと七味唐辛子を投入しフライパンを返しながらよく混ぜます。

七味唐辛子はたっぷり入れた方がおいしいですよ。

 

サラダ油の量が多すぎると、かっぱえびせんがグッタリするので注意!

ただし、少なすぎると七味唐辛子がよく付着しません。

貴方の愛とセンスで万全の量を投入してください。

食べてみた感想

辛くてアツアツ

調理時間はたったの3分です。

晩酌の前にちゃちゃっとできると思いますよ。

出来たてホヤホヤのような熱々のかっぱえびせんになりました。

エビの風味とカリッとした歯ごたえが最高です。

見た目からして辛そうなかっぱえびせんは、にんにくの香りと激辛がプラスされた「激辛かっぱえびせん」になりました。

七味唐辛子を入れる量で辛さはいくらでも変えらるので、自分の好みに合わせて調整してください。

まとめ

辛さとにんにくの旨味が加わった激辛かっぱえびせんは、完全にお菓子から晩酌のおつまみに変化する事ができました。

辛さの中にあるにんにくとエビの風味が、味をより深くしています。

そんなに手間が掛からずに、かなりおいしくすることができました。

マジおいしいです!

晩酌のおつまみ用に是非チャレンジしてみてください。

本日は以上!