安いUSB充電器は使えない?【電流測定】分解して中身を確認してみた

近年はスマホの充電を初め、イヤホン・スタンドライト・腕時計にいたるまで、何でもUSBで充電するようになりました。

現在家にあるUSB差し込み口の数では全然たりなくなってしまったんですよ。

追加で新しい物を買おうとネットで探していたら、飛び切り安くてごきげんなUSB充電器を見つけたのでポチってみました。


安いUSB充電器

2.1Aと1Aの2つ口がある充電器を購入しました。

スマホを高速充電するのに2.1Aは必要です。コンセントを1つ占領しますから最低でも2つ口は欲しいところ、そんな条件に適していた充電器だったのですが、何よりも安かったのが購入の決め手です。

ただ、合計出力が2.1Aしかないので、両方の口を使用してしまうと2.1Aの電流を2つに分けることになります。

単純計算で両方の口を使うと、1つの口から1Aしか電流が流れなくなる充電器なんです。

でもね、安いからいいんです。

見た目がしょぼい

見れば見るほどちゃっちい作りです。

そもそも、ボディのプラスチックがおもちゃみたいなんですよね。高級感のかけらもありません。

2口あるのにコンパクトなところは評価しますが、とにかく安っぽいんですよ。

でもね、いいんです。安かったから。

電流を測定して、この安いUSB充電器がちゃんと使えるのかどうかを検証してみたいと思います。


電流を計測する

1A口の電流

まず、1Aの口にUSBケーブルを差し込み、スマホを充電してみました。

USB2.0ケーブル 転送速度480Mbps 給電能力(最大2100mA)のケーブルを使用しています。

やばいですよね。いくらなんでも「0.17A」ってないですよ。

しかも、電流が落ち着きません。0.10Aから0.50A付近をぐらぐらと動いています。

この電流ではスマホを寝る前に充電したとしても、翌朝100%になっていない可能性がありますよ。

2A口の電流

なんてことでしょう…

1A口よりはかなりがんばった感が出ていますが、それでもたったの0.45Aです。もちろん電流は安定しません。

なんでこんな状態なのか意味が分からないのですが、、、でも、ほら、安いから…

 

いや、さすがに安くてもダメですよね。

 

たまたま不具合品に当たってしまっただけなのかも知れませんが、これでははっきり言って使い物になりません。

返品するのもめんどうなので、分解して中がどうなっているのか見てみます。

USB充電器の分解

開けてみて気付いたんですが、私ね、こういった基盤関係の知識を一切持っていませんでした。

中を見てもさっぱり分からなかったのですが、素人の私でも一ヶ所だけ気になる部分がありました。

矢印の部分です。

はんだ不良?

配線のはんだ付けがきちんとされていない部分を見つけました。

逆側の配線ははんだの中に入っているのに、こちら側ははみ出しています。

はみ出しているというより、かろうじてくっついている感じなんですよね。

この状態だと下手するとショートする可能性もあります。

安物はきちんと検品されていないんでしょうね、これでは危なくて使用できません。

基盤裏面のはんだ付けはしっかりとされていました。

問題ないでしょう。

どうせ捨ててしまう物なんで、はんだを付け直してみようかとも思ったのですが、直ったところでこんな充電器怖くて使えないですよね。

安物買いの銭失いになりました。

まとめ

商品に当たり、ハズレがあるんですね。

当たればいいでしょうが、こういった商品は発火することもあるのでハズレると危険です。

今回のような事例では完全に使用できないわけではないので、不具合があっても「あれ、充電が遅いな?」と思うくらいで使い続けてしまいますよね。

ほんとに危ないですよ。

USB充電器はメーカーがきちんと分かる物を選ぶべきなことがよく分かりました。

安いUSB充電器をお探しなら、こちらがおすすめです。小型で低価格、品質にも問題はありません。

最大出力2.4Aで合計出力が2.4Aで使用できます。

本日は以上!