簡易燻製器【安い乾電池式】使い方や注意点を燻製を作りながら紹介

燻製の香りを楽しみながら晩酌をしたい!

しかも、家でお手軽に!

さらに、低価格で!

そんなわがままを叶えてくれる、簡易燻製器という夢のようなアイテムをGETしたので、使い方や使ってみた感想なんかを紹介します。


簡易燻製器(乾電池式)

燻製って、ソーセージを吊るして下で煙を炊いて香りを付けるような器具をイメージしますよね。

今は小型の物や鍋型の物などがあるので、ご家庭でも簡単に燻製を楽しめます。

しかし、この簡易燻製器はもっと簡単に、手早く、晩酌の準備をしている間にサクッと燻製ができちゃうんですよ。

ボディはアルミ製

低価格のわりには作りはしっかりしています。表面はアルミ製なので、お手入れも簡単そうですよね。

手のひらにおさまるほどコンパクトサイズなので、使わないときも場所を取らず邪魔になりません。

ずっしり重く、高級感がありますよ。


簡易燻製器の使い方

用意する物

  • スモークチップ
  • ボール
  • ライター
  • 単3乾電池2本

スモークチップは付属していませんので、あらかじめ準備しておく必要があります。いろんな種類のスモークチップがあるのですが、分からなければ無難にサクラチップにしておきましょう。

それと、煙を閉じ込めておくための容器があると便利です。写真はダイソーに売っていた透明なサラダボールです。燻製にする物が少量ならジップロックのようなビニール袋も使えます。

スモークチップに火を付けるライターは、チャッカマンみたいに先が長いと使いやすいです。

燻製にする食材にボールをかぶせます。

今回はスーパーで買ってきたお刺身を燻製にします。サーモンがすこぶるおいしいと言うので、サーモンが入っている奴をチョイスしましたよ。

スモークチップを入れる

本体のくぼみにスモークチップを入れます。最初は口いっぱいスモークチップを入れて使ってみて、次からは煙の量に合わせてスモークチップを減らすと良いです。

あまりスモークチップが多いと燃えきる前に煙が必要なくなり、残りを捨てることになるのでもったいない気分になります。

そんな高い物じゃないんだけどね。

ノズルをボールの下にセットします。

ボールに穴を開けてノズルを差し込めるようにすると、煙が隙間から漏れることなく煙を送り込むことができます。

めんどくさいからやらないけど…

スイッチを入れる

本体の横にあるスイッチを押します。

モーター音がなり燻製器が稼働します。稼働って言っても風が流れるだけだけどね。

差ほどモーター音はうるさくありません。むしろ静かな方だと思います。

スモークチップに火を着ける

チャッカマンでスモークチップに火を着けます。

写真は撮影のためにノズルをボールに設置していませんが、ボールの下にノズルをセットした状態で行ってください。

本体のスイッチを入れたことにより、スモークチップ部分から空気を吸い込んでいます。

火を近づけると、火がスモークチップに吸い寄せられるので簡単に着火することができます。

スモークチップに火が着くと、ノズルの先から煙が出始めました。

 

おおーっ! すげぇーー!!

 

…結構テンションが上がります。

煙はどんどん出てきます。

ごほっ、ごほっ、、、

ボールの隙間からは、大量の煙が…

なんとか煙を入れることができました。

やっぱり、ボールにノズルを差し込む穴を開ける必要がありますね。

ぶっちゃけ、煙が止まらなくなってテンパっちゃって、部屋で焚き火をしたみたいに煙だらけになってしまいました。

本体のスイッチを押せば煙は止まります。

煙が薄くなるまで放置

しばらく待つと、ボールの中の煙が薄くなってきました。

お刺身の燻製が完成です。

とっても簡単にできるんですよ。

しっかりサーモンに味が付いて、最高においしくなりました。

簡易燻製器を使うときの注意点

部屋が煙で充満する

私はですね、晩酌しながら食卓の上で簡易燻製器を使用したんですよ。

いやー、煙い煙い

家族から激しいお叱りの言葉を頂きました。この簡易燻製器って、ノズルの先から結構な量の煙が出るので部屋でやるのはあまりおすすめしません。

台所で換気扇をつけながらやる方がいいと思います。

テーブルが汚れる

今回はテーブルの上に置いた食材にボールをかぶせて煙を送り込みました。

煙がなくなったらですね、煙の煤(すす)っていうのかヤニっていうのか分からないのっすが、テーブルが黄色くなってしまいました。

しかも、なかなか落ちません…

これね、白いテーブルの上とかでやってしまうと最悪だと思います。

ボールの下に新聞紙を敷いたりして工夫しましょう。

まとめ

簡易燻製器、とっても便利でした。

とにかくお手軽なんですよ。

晩酌のおつまみの準備をしている間にサクッと燻製を仕込めます。

これさえあれば、毎日の晩酌が数倍楽しくなるのではないでしょうか。

本日は以上!