【DELLノートパソコン】電源に接続しているのに100%まで充電されなくなったときの対処方法

Amazonで、DELLの中古ノートパソコンを購入したのですが、トラブルが発生しました。

結構前のDELLのノートパソコンなんですけど、キレイで使用感も少なくてお買い得だったんですが…

バッテリーが満充電されなくなってしまいました。

満充電されなくなったらすること

電源に接続すると充電が開始されるわけですが、53%まで充電されると充電しなくなってしまうのです。

 

もっとがんばれ!

 

って1人ツッコミを入れたのですが何も起こりません。

色々調べたので対処方法をまとめておきます。

コンセントを抜き差しする

充電が止まっている状態でコンセントを抜いてしばらく待ちます。

2~3分したら、再度コンセントを入れてみます。

私の場合はこの方法で一時的に回復したのですが、56%まで充電したらまた充電が終わってしまいました。

とってもぬか喜びの対処法でした…

ノートパソコンの放電を行う

ノートパソコンに溜まった電気で正常に作動しなくなることがあります。

起動中のアプリを全て終了し、パソコンにセットされているディスクやUSB、SDカードを取り出します。

バッテリーを外して2~3分間放置したら、再度バッテリーを取り付けて充電してみてください。

バッテリーを使い切ってみる

バッテリーを8%くらいまで減らして、1度リセットさせてから充電するというもの。

これで回復する場合もあるそうですが、私の場合は何も起こりませんでした。

新しいバッテリーを購入する

最終的になんですけどね、この現象ってだいたいはバッテリーの劣化が原因らしいんです。

ここまでの対象法を全て試してみたにも関わらず、何の改善もみられなかった場合、

諦めるか新しいバッテリーを買うしか方法はないでしょう。

DELLの純正のバッテリーは結構なお値段がします。

しかし、相互性のある「Made in China」って書いてある奴なら意外と安く買うことができますよ。

まとめ

パソコンによっては、「バッテリーの保護モード」なる機能があり、バッテリーの満充電を60%や80%に設定できるみたいです。

バッテリーの充電が終わるのが60%か80%だった場合はそちらを疑ってみてください。

色々と試してみたんですが、

 

めちゃくちゃ時間のムダでした…

 

ノートパソコンのバッテリーって、充電を500回くらい繰り返すと寿命らしいです。

心当たりがあれば、素直にバッテリーを交換した方がいいですね。

 

合わせて読みたい:【小型ノートパソコンの選び方】持ち運び出来るノートパソコンが安かったので買ってみた

 

本日は以上!