【はま寿司】東村山黒焼きそば2019|おいしいけどパリパリゾーンが残念

はま寿司に東村山黒焼きそばが登場しましたよ。

えー、この黒焼きそばは東村山のご当地焼きそばでして、イカ墨と鹿児島県特産の日本酒、黒酒を使用したソースで味付けした全国的に有名な焼きそばなんです。


はま寿司 東村山黒焼きそば2019 

販売価格280円(税別)

マヨネーズがかかったバージョンとマヨネーズかかっていない2種類があり、価格はどちらも同じです。

はま寿司では、去年に引き続き数量限定の再登場となる黒焼きそばなんですが、去年食べたときの私の評価は最悪だったんですよね…

 

合わせて読みたい:はま寿司の【東村山黒焼きそば】が凄くまずい

 

しかし、はま寿司のサイドメニューは、おいしくするために常に改良されています。

今年の黒焼きそばはどうでしょうか?

ちょっと冷め気味

タッチパネルで注文すると、レーンに乗って黒焼きそばが流れてきました。

 

どんぶらこ、どんぶらこ…

 

はま寿司は、ちょっと前から流れてくるサイドメニューに半透明のフタをするのをやめてしまったんですよね。

洗い物を減らすためなのかな。

おかげで商品が到着する頃には程よく冷えた状態になっていて、おいしさは50%OFFになってしまっています。

温かい食べ物にはフタをしてほしいよね…


食べてみた感想

キャベツににんじん、豚肉らしき具が確認できました。

昨年食べたときは、お皿の底にソースがたっぷり溜まっていて油そばのようになっていたのですが、今回は大丈夫なようです。

とってもおいしそうな見た目ですよ。

コクがあって深みがある味

あっ、うんうん。

お皿も黒いんで目立ちませんが、確かに黒い焼きそばですね。これくらい黒ければ、松崎しげるとコラボしてもいいんじゃないかな。

ちょっとソースが多めの焼きそばって感じで、味に深みがあるって言うか、コクがあるソースなんですよね。

よく噛んで食べていると香ばしさも出てきて、とってもおいしいです。

なるほどね、東村山黒焼きそばとはこういう食べ物なんですね。

本家を食べたことのない私でも、東村山黒焼きそばのおいしさが十分伝わりました。

残念なパリパリゾーン

しかし、はま寿司が作る焼きそばには、毎度毎度ダメな点があるのです。

 

それは、上記のパリパリゾーンです。

 

電子レンジで加熱されて調理されているであろう、はま寿司の焼きそばはですね、電子レンジの熱が均等に行き渡らないことを計算されていません。

計算されていたとしても対策されていないんですよ。

ただ決まった時間を電子レンジで加熱するだけなので、麺の端の方は加熱されすぎてかた焼きそばのようになってしまっているのです。

完全に固まっています。

道路に思わず出てきて、カラカラになってしまったミミズみたいな麺が端の方に目立ちます。

まぁ、これは改善するのがむずかしいのかな。パリパリしてて歯ごたえがいいってとらえ方もなくはないんですけどね。

味が良かっただけに残念です。

まとめ

はま寿司 東村山黒焼きそば2019年バージョン、去年の食べた物と比べるとかなり良くなっていました。

ただね、調理する人によって出来上がりに差が出る商品なので、味を改良されたとはひとえに言えないのですが、すごくおいしかったです。

東村山黒焼きそばを食べたことがないって人は、試しに食べてみるといいんじゃないのかな。値段も安いしね!

はま寿司では、こちらの「ポールスタア 東村山 黒焼きそばソース」を使用しているんですよ。

ご家庭で作ってみても楽しいですよね。

本日は以上!