DP(ディスプレイポート)ケーブルの抜き方|引っ張るだけじゃ抜けないぞ!

スポンサーリンク

BTOゲーミングPCのモニタ接続端子ってさ、VGA、DVI、HDMI、DisplayPort端子とかがありますよね。

この中でね、VGA、DVI、HDMIは引っ張るだけで抜けるんです。

ただね、DisplayPort(ディスプレイポート)は引っ張るだけじゃ抜けないんですよ。

抜き方が分からなくて大変苦労したので、抜き方を説明します。

DP(ディスプレイポート)

グラフィックボードが挿さったディスクトップPCを使用しています。

裏面はこんな感じです。

左側がHDMIを挿すところで右側が問題のDP(ディスプレイポート)を挿すところになっています。

DP(ディスプレイポート)とはDVIの後期の規格で音声信号やデータの転送もできます。

VGA、DVI、HDMIと比べても圧倒的な性能の端子なんですが、まだモニタが対応していない物が多く認知度が低いんですよね。

引っ張るだけでは抜けない

DP(ディスプレイポート)が挿さっている状態です。

どんなに引っ張っても抜けることはありません。抜けないんです…

これを強引に引っ張る前にこのブログにたどり着いた人、良かったです。

これね、無理に引き抜こうとすると何万円もするグラフィックボードがぶっ壊れたり、DP(ディスプレイポート)端子が破損してグラフィックボードから抜けなくなったりします。

すでに破損してしまった人、このブログには解決法が記載されていません。

「DP(ディスプレイポート)端子」「グラフィックボード」「破損」などのキーワードで検索し直してください。

DP(ディスプレイポート)の抜き方

ラッチを下げる

DP(ディスプレイポート)端子には、「ラッチ」と呼ばれる爪のような物があります。

この爪で抜けないようにしているんです。

ですから、いくら引っ張っても抜けないんですよ。端子かグラフィックボードを破壊しないかぎり抜けません。

このラッチは、端子の根元部分をつまむと中に引っ込むようになっています。

上記写真のように、端子の根本部分をつまんだ状態で引っ張ると簡単に抜けます。

ただね、この「つまんで引っ張る」って動作は、周りに配線などがあるとやりづらいかも知れません。

周りの端子類を全て外してからやった方がうまくいくんじゃないかな。

まとめ

DP(ディスプレイポート)は端子部分の根元をつまみながら引き抜かないと抜けません。

無理に引っ張ると大変なことになります。抜き方を覚えておきましょう。

手が入りづらい場所だったり配線が密集していると、DP(ディスプレイポート)の端子の根元部分をつまむことが難しいこともあります。

そんな場合は、「ラッチなし」のDP(ディスプレイポート)ケーブルがあるので、そちらに買い換えることをおすすめします。

本日は以上!