【1人用冷蔵庫】小型のポーダブル冷蔵庫を選ぶときの注意点とおすすめの製品を紹介

スポンサーリンク

自分の部屋や寝室に冷蔵庫があったら便利ですよね。

ほら、喉が渇いたらすぐに冷たくておいしい飲み物が飲めるじゃないですか。

ただね、飲み物を入れておくだけなんで、1ドアの小型冷蔵庫までの大きさはいらないんですよね…

そんなときに見つけたのがポーダブル冷蔵庫です。

ポーダブル冷蔵庫の選び方や、私が購入したおすすめポーダブル冷蔵庫を紹介します。

選ぶときのポイント

保冷温度

選ぶときに1番注意しなければならないのは、飲み物をどれくらい冷やせるかです。

ポーダブル冷蔵庫は、コンプレッサーを使用していないので音がとても静かです。

ワンルームや寝室に置くのに適しているのですが、馬力が弱いんですよね。

冷凍することはできませんし、製品の能力によっては缶ビールをキンキンに冷やすことも難しいです。

それを踏まえた上で保冷温度をよく確認してください。

価格が安い商品だと「-20℃」なんで書いてある物がほとんどですが、-20℃まで冷やせるわけではないんですよ。

外気より、-20℃くらいまでの温度に飲み物を冷やせるという意味です。

例えば室内が35℃だった場合、飲み物は15℃までしか冷やされませんし、室内の温度が20℃だとしても、10℃前後までしか飲み物を冷やせない場合が多いです。

騒音レベル

ここも必ず確認しなければならないところですよ。

いくら静かなポーダブル冷蔵庫でも、音の大きさは製品によってことなります。

db(デシベル)で表記されています。

室内での睡眠を阻害しない音の大きさは40dbまでといわれています。

音の感じ方は人それぞれ違いますが、これを超えると睡眠に適していません。

dbの数字は低い程いいのですが、dbと保冷温度は比例していることが多く、音が小さい冷蔵庫は冷やす力も弱いのです。

バランスを見極めることが大事ですよ。

容量

「L」で表示されています。

8Lくらいの大きさが支流ですが、20Lなんて大きいタイプもあります。

8Lの容量で350mlも缶が12本入ります。

小さい冷蔵庫だと2リットルのペットボトルが入らないなんてこともあるので、どんな物をどれくらい入れたいかをイメージしておくといいでしょう。

そしてもうひとつ、大容量になるほど冷やす力が必要になってきますからね、騒音に注意です。

以上を考慮して私が選んだ、おすすめのポーダブル冷蔵庫を紹介します。

おすすめポータブル冷蔵庫

値段がちょっと高いのが欠点なんですが、安いポーダブル冷蔵庫のレビューを見ていると「ぜんぜん冷えない」といった意見が圧倒的に多いんです。

冷たい飲み物が飲めなければ冷蔵庫を買う意味がないので、馬力が強い物を選択しました。

  • 保冷温度 -28℃
  • 騒音 39db
  • 容量 12L

上記が今回購入したポーダブル冷蔵庫のスペックです。

冷えないといわれているポーダブル冷蔵庫のスペックは、保冷温度が-20℃で騒音が28db、容量が8Lくらいなんです。

なので、騒音はあきらめて保冷温度を最優先しました。

値段が高いのと騒音が心配ですが、保冷温度は申し分ありません。

寝室に置く予定ですが、騒音が気になるようだったら寝るときは電源をOFFにしてしまえば問題ないでしょう。

とにかく、冷えないということだけは絶対に避けたかったのでこのスペックです。

使ってみた感想

かなり冷える

保冷温度はスペックの-28℃まで力を発揮していませんが、外気32℃での使用で缶ビールがキンキンに冷えるまでの性能がありました。

騒音は?

心配だった騒音ですが、やっぱり39dbとなると気になるレベルです。

枕元に冷蔵庫を置いたら、気になって眠ることができなくなると思います。

ただ、エアコンの騒音よりは静かなので、枕元を避ければ問題ないと思います。

まとめ

「ポータブル 冷蔵庫」

この製品は買って大正解でした。缶ビールがキンキンに冷やせたので大満足です。

騒音もなんとかなるレベルだし、気になる場合は寝るときだけ電源を切ればいいだけです。

シガーライターでも電源が取れるので、車の中で使えてアウトドアでも活躍しますよ。

冬場はホットにも切り替えできます。

ポーダブル冷蔵庫を選ぶときは、飲み物をどれだけ冷たくできるかを1番に考えるといいでしょう。

本日は以上!