シャッター付き自撮り棒300円の使い方【ダイソー】セルフタイマータイプとの違いは?

ちょっと前にダイソーの自撮り棒を買ったんですよ。

自撮り棒にスマホをセットして、セルフタイマーで写真を撮るタイプです。

ダイソーのくせに300円もする奴なんですけどね、なかなかコスパが良くて現在も愛用中なんですが…

なんと、シャッター付きの自撮り棒も同じ300円で売っていることが判明しました。

 

シャッター付きの方がよくね?

 

セルフタイマー自撮り棒、シャッター付き自撮り棒、どちらが良いのか検証します。

シャッター付き自撮り棒 300円

ダイソーで300円となると、かなり高い感じがしますが、自撮り棒で300円は格安なんですよ。

ネットで売っている自撮り棒は、とても300円で買うことはできません。

シャッター付きの自撮り棒となると、千円を越える物がほとんどです。

スマホに挿す線がジャマ

本体は、こんな感じです。

びろーんと伸びた線をスマホのイヤホンジャックに挿すことにより、自撮り棒のシャッターボタンが機能します。

この線は収納することができません。

常にびろーんとなっているので何気にジャマなんですよね。

ぐちゃぐちゃのカバンの中に入れておくと、取り出すときに線が切れるなどのトラブルが起こる可能性が大です。

大きさはどちらもほぼ同じ

左のシャッター付きは、スマホをセットする部分を折り畳むことができます。

右のセルフタイマータイプは、折り畳むのではなく外さないといけないんですよね。

 

シャッター付きは、

折り畳んで最小22cm

セルフタイマータイプは、

外して最小21cm

 

外して21cmですが、持ち運び中にカバンの中で行方不明になることがありそうなのが問題ですね。

スマホをセットする

写真のようにスマホをセットして、イヤホンジャックに線を挿します。

親指の所にあるのがシャッターボタンです。

イヤホンジャックに線を挿すと、ミュージックプレイヤーが起動し始めました…

カメラのアプリを立ち上げてから線を挿さないと誤差動を起こすようです。

ちなみに機種は「XPERIA Z5 SO-01H」です。

セット部分が頼りない

シャッター付きは、スマホを挟む部分がすごく不安定なんです。

柔らかい素材のプラスチックを使用しているせいでグラグラします。

同じく、角度を調整するネジの所にも弱さを感じますね。

めちゃくちゃ伸びる

パッケージには、23cm~101cmまで伸びると書いてあります。

かなり伸びますね、シャッターが付いていないセルフタイマータイプは、22cm~78cmです。

値段はどちらも同じなんでね、いっぱい伸びてシャッターが付いていた方がいいに決まってますが、

ぶっちゃけ、101cmまで伸ばしてしまうと遠すぎてスマホの画面がよく見えないので、シャッターボタンが付いていても意味がないと思うんですよね…

シャッターが使えない機種もある

私のスマホ「XPERIA Z5 SO-01H」はシャッターボタンを押すと、ズームになってしまいました。

シャッターボタンがうまく機能しない場合は、「スマホ360」というアプリを起動させると使えるようになります。

スマホ360起動させてから、イヤホンジャックに線を挿して使用する感じですね。

まとめ

シャッター付き自撮り棒、セルフタイマータイプ自撮り棒の両方を使ってみての感想です。

シャッター付きは性能こそ良いものの、安っぽさを感じる作りになっていました。

私が使っているスマホですと、アプリを起動させてからではないとシャッターボタンを使えないので手間がかかります。

むしろ、イヤホンジャックに線を挿すことすらめんどくさいです。

私的にはダイソーで買うなら、セルフタイマータイプの自撮り棒で十分だと思いました。

シャッター付きの自撮り棒を買うならダイソーではなく、しっかりした作りの物を選ぶといいですよ。

 

合わせて読みたい:【ダイソーの自撮り棒 300円】安いけどちゃんと使えるのか検証してみる

 

本日は以上!