枝豆みたいなお菓子【えだまりこ うましお味】水で戻してみたけど、あまり意味がないぞ!

カルビーから発売されているじゃがりこみたいなお菓子にハマっています。

じゃがりこのとうもろこしバージョン「とうもりこ」は、なかなかのとうもろこしでした。

 

合わせて読みたい:【とうもりこ 塩ゆでコーン味】じゃがりことはまた違う食感、食べてみた感想

 

枝豆バージョンもあるんですよ。おそらく普通に食べたら枝豆だろうから、水で戻した食べ方もやってみましたよ。

えだまりこ うましお味

購入価格98円

とにかく商品名がいいよね。

とうもりこはないだろうけど、「江田まり子」の場合は実際に存在する確率がぐっと上がるんじゃないでしょうか。

まっ、どうでもいいんだけどね…

はい。

そんでこれね、コンビニで買うと152円もするんです。はっきり言いますけど、152円もする時点でくそです。

高すぎて手が出ません。

本名が江田まり子さんか、江田まり子さんの親戚の方とかだったら買ってもいいですが、通常はコンビニでの購入はありえませんね。

スーパーマーケットで購入しましょう。

食べてみた感想

いい塩加減

うん。めちゃくちゃ枝豆!

枝豆の風味がかなり強めに感じられます。

これを缶ビールでいったら、まじ最高ですよ。

そして、塩気がいい感じなんです。これが「うましお味」って奴なんですね。

確かに旨味のあるマイルドな塩味です。

歯ごたえ良し

このじゃがりこみたいなえだまりこをですね、半分に割ると、、、

分かるかなー

中が、スッカスカになっているんですよ。

完全な空洞になっているんじゃなく、適度な密度があります。

そのため、噛んだときの歯ごたえが良くて、軽い食感が生まれるんですよね。

ボリっとしたりサクッとしたりする、ボリサクっとした軽快な歯ごたえなんです。

長さは5cmくらいですね。

じゃがりこより短い仕様になっていますが、むしろこっちの方が食べやすいです。

水で戻してみる

普通に食べても十分においしいのですが、じゃがりこは水で戻すとじゃがいもになったんですよね。

えだまりこは水で戻したらどうなるのか気になっちゃったんでやってみました。

 

水をかけて10分くらいしたら、えだまりこがやわらかくなったので指でつぶしました。

様子を見ながら水を足して、さらににつぶす、、、

枝豆に?!

想像した通りのペースト状の枝豆になりました。枝豆のにおいが最強です。

じゃがりこのときみたいにマヨネーズを加えてかき混ぜたら、枝豆味のポテトサラダになりました。

意外においしかったのですが、ひとくち食べた直後に思ったんです。

この程度か…

ええ、水で戻すなんてめんどくさいことをするより、えだまりこにマヨネーズをつけてお口の中で何とかした方が絶対いいですね。

ただね、水で戻すと風味が増しますよ。

カロリーとか原材料

1袋35g当たりのカロリーは170kcal

原材料は枝豆なんですよね。

枝豆にいろんな調味料を加えただけのお菓子だから、食物繊維が2.5gも含まれていますよ。

まとめ

カルビー「えだまりこ うましお味」

ほんとに枝豆を食べているみたいなお菓子でした。

旨味のあるおいしい塩味がポイントですね。

水で戻してもあまり意味がないので普通に食べましょう。

本日は以上!