爪のささくれが痛い【ネイルニッパーで解決】できたときの対処方法

スポンサーリンク

若い頃はこんなことは一切なかったのに、最近頻繁に「爪のささくれ」ができてしまいます。

なんでできてしまうのか原因は不明ですが、対処方法が分かったので紹介します。

爪のささくれとは?

爪の横にはえてくる細長い爪が、ささくれのようにむけてしまう現象です。

 

これがですね、チクチクチクチク…

最初はそんなに痛くないんですが、とにかく超気になるんですよ。

 

できる原因をネットで検索してみました。

  • 水仕事、肌の乾燥
  • タンパク質やミネラル、ビタミン不足
  • 血行不良や体調不良などの理由で、爪のササクレになると書かれていました。

 

ただですねぇ、私には一切思い当たることがないんですよね…

 

それ、ほんとかぁ?

 

って感じです。

ほっておいても治らない

爪の横に、こんな風に小爪? みたいのがはえてくる現象です。

言い方を変えると、幅広にはえてきた爪の端が分離する感じなんですかね。

皮膚のささくれなら、先ほどのネット上で探した「爪のささくれができる原因」で納得ができるんです。

ただねぇ、爪がささくれのようになるって言うのがよく分からないんですよね。

そもそもが、ささくれになるために「ささくれの素」がはえてきてるんです。

 

ちなみに、このささくれの素は、ほっておいてもチクチク痛いだけです。

強制的にささくれにして取らないと、いつまでたっても治らないんです。

できたときの対処方法

ダメなやり方

強制的に、逆むきました。

逆むきにするまでは間違っていません。

しかし、この状態から毛抜きでつまんで引っこ抜いてしまうのがダメなんですよね。

この爪のささくれ、なぜか皮膚と一体化してやがるんですよ。

えいやっ!ってやってしまうと…

 

皮膚ごと持ってかれます。

 

1番やっちゃいけない対処方法です。

すごく痛いです。

 

もう1回言いますけど、絶対にやってはいけません。

正しいやり方

正しい対処方法な、ネイルニッパーで根元から切るのが1番です。

痛くならないギリギリのところまで爪のささくれを逆むいてから切ります。

あっ、ネイルニッパーて分かりますか?

私は今まで知らなかったのですが、似たような物でキューティクルニッパーがあります。あれは甘皮を処理する物。

アクリルニッパーってのは人口爪を切る奴なんだって。

ダイソーにもネイルニッパーもどきが売っていますから、爪のささくれができたらすぐに買ってきてください。

間違った処置をすると?

ええ、

えいやっ!ってやってしまったんですよ。

毛抜きで引っこ抜いてしまったので、ごっそり持ってかれましたよ。

 

皮膚が…

 

やっちまった感でいっぱいです。

この部分ってすぐに化膿しちゃうんですよね。

すごく腫れちゃってね、超痛いですよ。

気持ちは分かるけど、絶対に引っこ抜いちゃいけないよ。

まとめ

爪のささくれ、これってさ、歳をとってきたから細胞分裂失敗してんじゃないのか?

って私は思っているんですよね。

だって、若い頃ならなかったもん。

まっ、なんでなるのかはいいとして、「ネイルニッパー」絶対に買ってくださいね。

本日は以上!