ポップコーンを鍋で作る|上手な膨らませ方と味付け方法

できたてのポップコーンって、すごくおいしいですよね。

いつでもポップコーンが食べられるように、ネットで大容量のポップコーン豆を買ってみました。

ポップコーンメーカーなんていう油を使わずにポップコーンを作れる機械もあるのですが、今日は鍋でお手軽にポップコーンを作りたいと思います。

お手軽なポップコーン作りですが、ちょっとしたコツでできあがりに差がつきます。上手な膨らまし方や味をよく付ける方法を紹介します。


ポップコーンを鍋で作ろう!

スーパーや100円ショップなんかにも売っているポップコーン豆なんですが、ネットで業務用の豆を買った方が安いんですよ。

写真は内容量1kgのポップコーン豆です。

クローバー ポップコーン原料豆業務用 1kg
クローバー

1kgって結構あります。35人前になるそうなんですが、すぐに悪くなる物じゃないですし、たくさん買った方がお得です。


おいしくできる作り方

バターを使おう

片手鍋にサラダ油大さじ1、バター大さじ1を入れて弱火にかけます。

バターがなければ油2でも大丈夫ですが、バターがあった方が風味が良くなるんですよね。

チューブタイプの安くて使いやすい、バターとマーガリンを混ぜた商品があるので常備しておくと便利です。

バター大さじ2にすれば、風味豊かなバター味のポップコーンになります。

火は弱火のまま、ポップコーン豆を40g入れて油を馴染ませます。

40gくらいが1人前の量らしいですが、きっちり量る必要はありません。だいたいで大丈夫です。

写真は直径17cmの鍋です。豆が軽く広がる程度を目安にすれば1人前くらいになりますよ。

味をしっかり付けるには?

油に混ぜるとよい

今回は塩味のポップコーンを作ります。

油が塩を取り込んでポップコーンに付着するので、この段階で塩を振った方がポップコーンによく付きます。

ですから、ポップコーンメーカーなどの油を使わないで作るポップコーンの場合は味が付着しにくいです。

油を使わないで作るポップコーンの味付けには、できあがった後に味付けはするフレーバーを活用しましょう。

上手に膨らますには?

火加減が大事

弱火のまま蓋をして待ちます。

ここの段階の火力(弱火)がポイントです。

中火だとポップコーンが焦げてしまったり、よく膨らまないことがあります。

超弱火で

これくらいの最弱の弱火がいいです。

弱火だと豆が弾けるまで少し時間がかかってしまいますが、あせらずじっくり熱してください。

3分くらい経つと「ポン、ポン」と音がして豆が弾け始めます。

豆が弾け始めたら、中火にして蓋を押さえながら鍋を振ります。

よく振らないとポップコーンが焦げてしまうので夢中で振りましょう。

ぶっちゃけ、ここが1番の見せ場ですよ!

弾けるポップコーンが落ち着いてきたら完成です。

鍋を振ったときにカラカラと音がする場合は、まだ弾けていない豆が残っています。もう少し熱しましょう。

最後に塩をかけて、ここで味の調整をすると上手に味付けできます。

ふっくら、カリっとしたポップコーンが完成しました。

ポップコーンの上手な膨らませ方と味の付け方まとめ

ポップコーンは最初弱火で加熱すると、ふっくらと弾けます。味付けは油に混ぜることでポップコーンに付着しやすくなります。

ポップコーンメーカーを使うより鍋で作った方がおいしくできます。

いろんな味のフレーバーを使ってみるのもおもしろいですよね。

クローバー ポップコーン原料豆業務用 1kg
クローバー

本日は以上!