昼間熟睡できないから【ダイソーのアイマスク】を使ってみた。使い心地や効果は?

私は変則勤務の仕事をしているので、昼間に睡眠を取ることがあります。

四十過ぎた辺りから、昼間よく眠れなくなってしまったんですよね…

視界が真っ暗になるアイマスクがいいらしいので、ダイソーでアイマスクを買ってきました。

遮光カーテンは意味がない

遮光カーテンや遮光ロールカーテンでは気休めにしかなりません。

何万円もする1級遮光カーテンでもこの程度です。

昼間はこんなに明るいんですよ。

遮光カーテンにお金をかけるより、アイマスクをした方が絶対に効果があります。

ダイソーのアイマスク

ダイソーには、たくさんの種類のアイマスクが売っていました。

ただですね、アイマスクの目の部分に「きらきらした目」のイラストがある奴とかが多いんです。

熟睡するために付けるアイマスクですからね、何かを狙っているわけではないので省きます。

それと、アイマスクのヒモの部分が弱そうな奴も除外しました。

するとですね、上記の活性炭アイマスクくらいしか残るのがなかったんですよ。

ゴムが太いからずれない

ダイソーのアイマスクって、ゴムで固定するタイプなんですが、ゴムが細いと寝返りなどですぐにずれます。

これは、後ろの部分のゴムの幅が広くなっているんですよ。

ゴムが細いアイマスクより断然安定感があります。

活性炭を使用

アイマスクの生地部分に活性炭が使われているようです。

この活性炭が、においや汚れの元となる有機物を吸収してくれるそうです。

でもね、アイマスクがくさくなっちゃう人ってさ、よっぽどだよね。

活性炭ごときでどうにかなるとは思えないのですが…

アイマスクを使ってみる

サイズが合わない

ものすごくきついです。

ゴムで締め付けられて頭の血が止まっている感じがします。

しかも、こいつはゴムが縫い付けられているので長さの調整が不可能なんです。

ここまで装着に違和感があると、絶対に眠ることはできませんね。

ゴムを延長するなどの、とてもめんどくさい作業が必要となります。

光が漏れる

アイマスクを装着して目をつぶってみたのですが、明かりが入ってくるんです。

アイマスクの生地が、鼻の部分にぴったりフィットしていないんですよ。

アイマスクを付ける位置をずらしながら調整したのですが、完全に光を遮ることができませんでした。

鼻の隙間から入ってくる光がなくならない限り、アイマスクを付けている意味が全くありません。

はっきり言っちゃうとですね、

 

使い物にならないんです。

 

こんなことなら、目の部分にキラキラした目のイラストがあるアイマスクの方が、よっぽど使い道がありましたよ…

まとめ

ダイソーの「活性炭アイマスク」

ただちにゴミ箱行きです。

そもそも、ヒモの長さ調整ができない時点で使えないことに気付くべきでした。

このまま使い続けたとしても、ゴムがすぐに伸びてしまい結局すぐに使えなくなるそうです。

鼻の隙間を対策するためにも、立体タイプのアイマスクを購入する必要がありますね。

長さ調整ができて立体タイプ、鼻の隙間からの光を完全にシャットアウトできるアイマスクはこちらが良いです。

本日は以上!