ダイソー【かちわり氷が簡単にできるトレー】大きい氷を作ってみた

冷凍庫で作った四角い氷を使って晩酌していると、すぐに氷が溶けてしまうんです。

ロックグラスに入れるような、大きくてなかなか溶けない氷を作りたいな…

ダイソーにあった、かちわり氷が作れるトレーが良さげだったので買ってきました。

かちわり氷が作れるトレー

かちわり氷ってさ、板氷みたいな大きな氷を砕いた氷のことなんで、正しくはかちわり氷みたいな氷が作れるトレーですね。

パッケージの赤い部分には、「シリコン素材ではないので氷を取り出すときは、ぬるま湯か水を掛けてから取り出してください。」と注意書きがしてあります。

プラスチックのトレーって、氷がくっついて取れないときがあるのが欠点なんですけど、何度かやればすぐにコツをつかめるので大丈夫ですよ。

こんな具合に2つが合わさるようになっています。

かちわり氷みたいなギザギザっていうかカクカクっていうか…

とにかくボコボコした型が3つあります。この型に水を入れて氷を作るわけですね。

かちわり氷を作る

水を入れる

トレーの下の部分に水を入れて、上の部分をかぶせてドッキングさせるだけです。

水が足りないときちんと丸い氷にならないので、水は多めに入れてください。

余分な水は次の工程で排除されるので気にしなくて大丈夫ですよ。

それっー!くらいの掛け声とともに景気よく入れてください。

捕捉なんですが、ここは水ではなく、お茶だったりレモン汁だったり、飲み物によっていろいろ変えていくと楽しいですよ。

レモン汁を凍らせた氷で焼酎を飲んだりすると、とってもごきげんになれます。

ふたをかぶせる

水を入れたら、トレーの上の部分をゆっくりとドッキングさせれば準備OKです。

トレーの上の型には穴が空いているので、余分な水が穴から噴水みたいに「ピューー」って出てきます。

あとは冷凍庫に入れてひたすら待ちましょう。完全に凍るまで5時間前後かかりますので、気長に待ちましょう。

かちわり氷の完成

かちわりっていうか、デコボコした氷が3個出来上がりました。

氷の大きさをリアリティーにお伝えしようと思ったのですが、スケールが見づらくてとても残念な状態になっています…

えー、氷1個の大きさは4.5cmです。

ちょっと小ぶりですけど、焼酎をロックで飲んだりするのにはちょうど良いですね。

こんな感じの氷です。

やっぱりね、プラスチック製なんで、氷を取り出すときにトレーに水をかけるんですよ。

すると、写真のようにヒビが入ってしまうことがあります。特に問題はないけどね。

まとめ

ダイソー「かちわり氷が作れるトレー」

ロックグラスなんかに入れる場合、かちわり氷みたいなナチュラルな感じだととってもおしゃれです。

見た目がすごくいいですよね。

ただですね、氷の大きさが4.5cmって、ちょっと小さいかな…

氷がなくなるスピードが早い気がしました。

もっと大きくてシリコン素材の氷が取りやすいトレーをお求めなら、こちらがおすすめです。

6cmの丸い氷が1個作れるシリコン製の型です。

本日は以上!