【二日酔いを防ぐトマトカレーを作る】飲んだ後はトマトカレーを食べると良い

お酒を飲んだ後って、お腹が空くじゃないですか。

どうせ食べるなら、次の日のことを考えた物を食べた方がいいと思うんですよね。

二日酔いを防ぐトマトカレーを作ります。

トマトカレーを作る

豊富なクルクミン

カレーにはウコンが入っています。

ウコンっていったら、肝臓にいいといわれている「クルクミン」ですよね。

カレーライス1皿には「ハウス ウコンの力」の約1/5のクルクミンが含まれているんですよ。

カレーライスは、二日酔いを防ぐのに最適な食べ物なんです。

 

満腹感を十分に出すためにニンジンは大きめの乱切りに、じゃがいもは小さめだったので丸ごと入れちゃいました。

具が大きいと火を通すのが大変だったりしますが、電子レンジなどを活用すれば時間短縮になりますよ。

カレーはバーモント

あとは「ハウスバーモントカレー」のルウを入れるだけでカレーの完成なんですが、

カレーのルウは、「ハウスバーモントカレー」でなくてはいけませんよ。

その他のカレーのルウでも問題なくトマトカレーを作ることができるんですが、

 

秀樹がすごく悲しみます…

 

スーパーの安売りで「お1人様2点限り」みたいなときに、ハウスバーモントカレーを買ってストックしておくといいでしょう。

トマトを投入

トマトのリコピン効果

このままでは成分にクルクミンを含むただのカレーライスになってしまいますね。

二日酔いに効くカレーにするために「トマト」を加えますよ!

トマトにはアルコールの分解を早める効果のある成分が含まれています。

二日酔いによいとされている「リコピン」です。

上記写真の真っ赤な物体はですね、「トマト」を包丁で細かく刻んで冷凍しておいた物なんです。

あまり入れ過ぎるとイタリアンっぽくなり、小さいお子様などは一口食べた後に全く手を付けなくなります。

味見をしながら入れる量を調整してくださいね。

トマトカレーが完成

飲んだ後に食べたい、二日酔いに効果絶大のカレーライスが完成しました。

クルクミンとリコピンで最強です。

トマトの酸味がとってもおしゃれでおいしいです。

ゴロゴロ野菜がたっぷり入っているので食べ応えもありますよ。

まとめ

飲んだ後って普通ラーメンだけど、小腹の空いたお腹にはボリューム満点のカレーライスもありですね。

二日酔いを防ぐための成分がたっぷり含まれています。

おいしいカレーが、あなたの疲れた肝臓を優しくサポートしてくれることでしょう。

二日酔い知らずの「トマトカレー」

是非、作ってみてくださいね。

作るのがめんどくさい人には、レトルトのトマトカレーがおすすめですよ。

本日は以上!