【バタピーと皮付きピーナッツを比較】お酒を飲むときに食べた方が良いのは皮付きピーナッツだった

なんか最近、ピーナッツがおいしくてたまらないんですよ。

ピーナッツをおつまみに晩酌をすることが増えたような気がします。

缶ビール片手にピーナッツなんて、最高ですよね。

私がおつまみとしてよく買っているピーナッツは、スーパーなどで安く売られている「バタピー」と呼ばれる商品です。

ちょっと値段が高いんだけど、皮が付いた皮付きのピーナッツも売っています。

安い方がいいのに決まってるけど…

バタピーと皮付きピーナッツの栄養・効果なんかを調べてみました。

バタピーと皮付きピーナッツ

バタピーの栄養

バタピーは50%が脂質で高カロリーの食材なんです。

ただ、もちろんそれだけではないですよ。

植物性の脂質には血液中の中性脂肪を下げ、動脈硬化を防ぐオレイン酸・リノール酸が含まれているんです。

お酒を飲む人には天敵ともいえる「中性脂肪」と「動脈硬化」に効果があるなんて最強ですよね。

皮付きピーナッツの栄養

バタピーより、ちょっとお値段の高い皮付きピーナッツです。

皮が苦手、なんて人も多いですね。

「口の中に残る」とか「苦い」というのが理由なんだそうですが、この皮に含まれる栄養がすごかったんですよ。

バタピーの栄養に加え、種皮には多量のポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールは悪玉コレステロールを減少させて動脈硬化を防ぎ、心臓病やがんを予防する効果が高いといわれています。

ピーナッツにも、その皮にも動脈硬化を防ぐ効果があるのですよ。

皮付きのピーナッツを毎日食べていれば、動脈硬化になる気がしませんね。

さらに、がんを予防するなんて…

皮付きピーナッツさえ食べていればさ、

 

無敵なんじゃね!?

 

さらに、アルコールの分解を助けるナイアシンが二日酔いを防いでくれるんだって!

まさに、お酒を飲む人の食べ物ですよ。

食べ過ぎに注意

ピーナッツ30粒で、ご飯1杯分のカロリーになります。

ピーナッツって、ひと粒食べると止まらなくなってしまうんですよね。

 

30粒なんて秒殺っすよ…

 

1日の食べる量の目安としては、10~20粒くらいが良いそうです。

しかし、20粒で終わりにするには鉄の意志が必要ですね…

まとめ

皮付きのピーナッツは香ばしくて最高にうまいですよね。

まさか二日酔いを防ぐ成分が含まれているとは思いませんでした。

この皮を剥いてしまう人もいますからね、次に見かけたときは全力で阻止しなければなりません!

晩酌のおつまみにするなら、健康効果抜群の「皮付きのピーナッツ」で決まりです。

食べ過ぎにさえ注意すれば、最強で無敵の皮付きピーナッツでした。

本日は以上!