【高血圧改善】わかめを毎日食べて半年後の健康診断に挑んだ結果を報告

どうも、高血圧の正三です。

私は味の濃い(しょっぱい)食べ物を酒のアテにすることが多いんですよ。

塩分の取り過ぎなのか、毎日興奮し過ぎなのかは分かりません。

半年おきに行われている会社の健康診断で、若干血圧が高いとの結果が続いております。

130代は高血圧予備軍

画面中央のH134/78が半年前の血圧

その右のH136/72が1年前の血圧

高血圧というより、若干血圧が高い「高血圧予備軍」なので、健康診断に訪れた医師に相談しても、

 

大丈夫。

 

としか言いません。

上の血圧は136から134に下がっているのに、下の血圧は72から78に上がっているんですよ。

先生、ちなみに下の血圧がどんどん上がって、上の血圧を追い抜いてしまうようなことになったらどうなるんですか?

 

それはありません。

 

全く相手にしてくれません…

毎日わかめを食べる

塩分を取り過ぎている体質を改善するため、晩酌のおつまみには必ずわかめを取り入れるという決まりを作り、次の健康診断に挑むことにしました。

 

説明しよう!

わかめに含まれるアルギン酸は、塩分中のナトリウムイオンと結合してアルギン酸ナトリウムに変化します。

塩分を吸収したアルギン酸ナトリウムは消化することができないので、塩分を取り込んだまま体外に排出されるのである。

 

塩分の取り過ぎによる高血圧の対策によさそうです。

わかめを取り入れたおつまみ

1人用ホットプレートで焼く「こてっちゃん」と「シャウエッセン」をメインのおつまみにしています。

「トマトわかめサラダ」と「冷奴わかめ」が全力で減塩をサポートするフォーメーションです。

写真左にある1人用ホットプレートで焼きながら晩酌しますよ。

 

生タイプの「塩蔵わかめ」を使用

お手軽な乾燥タイプより肉厚で歯応えがあっておいしいんです。

産地によって微妙に味が違うらしいので、食べる前に産地の確認は必須ですよ。

こんな感じで毎日わかめを食べていた私に、半年後の健康診断で奇跡が起こります。

半年後の検査結果は?

血圧が下がる

左側のブルーの場所にある数字が今回の血圧値です。

なんと、今回の健康診断では血圧値が大幅に改善されていました。

134から116ですよ。

わかめの隠れた力にビックリです。

まとめ

半年間わかめを毎日食べ続けたため、まわりから「わかめが大好きな人」と思われてしまいました。

しかし、わかめに含まれる「アルギン酸」の効果が絶大であることが分かりました。

塩分を控えることが1番大事ですが、わかめの力を借りながら徐々に薄い味に馴れるようにしていくと良いと思います。

血圧が気になる方、わかめの摂取を心掛けてみるといいかも知れませんね。

本日は以上!