晩酌用のグラス【アクリル製タンブラー】良いところと悪いところ

先日、ホームセンターをぶらぶらしていたんですね。

そしたら、アクリル製のタンブラーが安く売っていたので買ってきました。

普段は晩酌で真空タンブラーを愛用しているのですが、アクリル製のタンブラーを使ってみたらなかなか良かったんですよ。

アクリル製のタンブラーの良いところと悪いところをまとめてみたいと思います。


アクリル製タンブラーの良いところ

焼酎を入れた量が分かる

何気に、これがアクリル製のタンブラーの最大の良いところだったりします。

 

あっ、入れすぎた!

 

真空タンブラーは外から中身が見えないので、焼酎を入れすぎて8:2くらいのロックみたいな奴を飲んじゃうことが多々あります。

酔えば酔うほど焼酎の入れすぎを繰り返すので、後半はベロベロです…

アクリル製のタンブラーなら、きちんと中身が見えますからね、自分のベストの量の焼酎を入れることができます。

見た目が涼しげ、うまそうに見える

真空タンブラーと見比べてください。

目で見る味覚とでもいうのでしょうか?

お酒がうまいのは最初から分かっていることですが、アクリル製のタンブラーに入れた焼酎はおいしそうに見えますよね。

結露でテーブルが濡れるのを防ぐために置いてあるコースターも、なんかオシャレな感じがします。

とにかく安い

今回買ってきたアクリル製のタンブラーは大容量のタンブラーです。

分厚くできていて、しっかりしています。

ずっしりと重みがあって、ガラス製のようにも思えてしまうアクリル製タンブラーですが、真空タンブラーの3割程度の価格で買えてしまいます。

めちゃくちゃ安いですよね。


アクリル製タンブラーの悪いところ

氷が溶けるのが早い

上記写真は、水割り3杯目で約40分が経過した状態です。

真空タンブラーと比較すると、あからさまに氷が減るのが早いです。

アクリル製のタンブラーは、真空タンブラーより約2.5倍の氷を消費するかと思われます。

表面が結露する

時間が経つと、テーブルに水溜まりができるくらいタンブラー表面が結露するのでコースターが必要です。

グラスを持ち上げるとコースターがグラスの底にくっついたりします。

持ち上げる度にくっくんで、すごくイライラするんですよね。

まとめ

アクリル製タンブラーは氷持ちの悪さが最大のネックです。

晩酌中に冷蔵庫まで何度も氷を取りに行くのはめんどうですよね。

しかし、アクリル製タンブラーもたくさん良いところがありました。

真空タンブラーと使い分けて使用すると良いと思います。

本日は以上!