【モバイルバッテリー】壊れる場所はここだった|長く使えるおすすめ3選

スマホって、長期間同じ機種を使っていると電池持ちが悪くなってきますよね。

今の機種は3年、4年、それ以上と使い続けるのが普通になったのですが、長く使用しているとバッテリーが1日持ちません。

そんなときに便利なのがモバイルバッテリーでして、各メーカーから色んな種類の製品が販売されています。

私が買ったモバイルバッテリーが、すぐに壊れて凄く残念な思いをしたので、選んではいけないモバイルバッテリーのタイプや、 丈夫で長持ちする商品を紹介します。


選んではダメなタイプ

ケーブル一体型

価格が安かったもんで、ついつい購入してしまったケーブル一体型タイプです。

この商品はコンパクトでiphone用の変換アダプターも付いているし、とってもお買い得だと思ったんですよね。

ケーブルが本体に収容されるようになっています。別にケーブルを用意する必要がないので、持ち運びにも便利です。

まぁ、この機種はケーブルが短くて充電しにくいっていう欠点が最初からあったんですけど、そんな欠点をものともしない大欠陥があったんです。

Micro-USBケーブルでスマホを充電していて、コネクターの爪が戻ってこなくなったことがありませんか?

ええ、このケーブル一体型のモバイルバッテリーのコネクターも当然、爪が戻ってこなくなるって不具合が起きるんですよ。

 

かなりの高確率で…

 

こうなるとですね、手でコネクターを押さえていないと充電が困難になります。

何度も充電してバッテリーの劣化で使えなくなるならまだしも、コネクターが壊れただけで本体自体が使えなくなるんです。

あとはもう、捨てるだけです…

容量が少ないタイプ

だいたい今のスマホのバッテリー容量は、3000mAhくらいの機種がほとんどです。

だからといって、容量が3000mAhのモバイルバッテリーを選んではいけません。

私は内容量が4000mAhの奴を買ったんですけど… モバイルバッテリーって充電中に熱くなるじゃないですか、実はあの熱でエネルギーを消耗しちゃっているんです。

だから、実際の容量の6割~7割くらいしかスマホに充電できないんですよ。

それに加え、モバイルバッテリーも充電を繰り返していると劣化して内容量が減っていきます。

内容量が多いモバイルバッテリーを選ばないと、1回の充電でバッテリーが満タンにならなくなってしまいます。


おすすめモバイルバッテリー

上記の欠点を踏まえた上で買って欲しい、長く使えて壊れにくいモバイルバッテリーです。

内容量10000mAh以上

内容量は10000mAh以上あった方が良いでしょう。結局ね、長く使っているとモバイルバッテリー自体も劣化してパワーが落ちてくるわけですから…

とりあえず、10000mAhあればスマホを2回以上満充電できますので、劣化してパワーが落ちてきてもしばらくの間は1回分の充電を確保できます。

これくらいの内容量だと価格もリーズナブルですし扱いやすいと思います。

もちろん、ケーブルは分離型ですよ。

2USBポート

こちらの商品は、なんと一度に2機種の充電ができてしまいます。

内容量はビックな24800mahです。

これだけ内容量が多いと心強いのですよね、やっぱり本体が若干大きくなってしまいますが、スマホを2台同時に充電することが可能です。

まぁ、スマホを2台持っている人ってあんまりいないと思うんですが、スマホと一緒にBluetoothイヤホンを充電したり、ちょっとしたUSB機器を充電できますよね。

電池残量をゲージランプが教えてくれます。

PowerIQ搭載

PowerIQってのはケーブルにつながった機器を自動で検知して、その機器が一番早く充電できる方法で充電してくれるという賢い機能なんです。

この機能があれば時間がなくても大丈夫、最速で満充電にしてくれますよ。

内容量も20100mAhあって十分ですし、 2USBなので2機種同時充電もできます。

ちょっと高いけどね。

まとめ

モバイルバッテリーはケーブルかダメになっても交換できる、ケーブル分離型を選んだ方がいいです。

そして、内容量は10000mAh以上あった方が長く使うことができるでしょう。

内容量が多くなるとモバイルバッテリー本体か大きくなるので、使用量に合わせて最適の物を選んでくださいね。

本日は以上!