ライスコロッケのまんま【ファミマ限定】食べた感想とカプリチョーザの意味

スポンサーリンク

UHA味覚糖から発売されている「まんまシリーズ」ってあるじゃないですか。

有名所はコロッケのまんまですかね。

他にもシュウマイのまんまだったり、キノコのまんまだったりラジバンダリ、いろいろあるんですが、なんとファミリーマート限定の商品が発売されたんですよ。

どんな物なのか紹介します。

カプリチョーザ ライスコロッケのまんま

購入価格160円

コンビニ価格のコロッケのまんまなんかと同じ価格設定ですね。

つうかさ、まんまシリーズのファミマ限定版ってすごくね?!

まんまシリーズって結構ヒット商品だから、なんかこう、あれですよ。

物凄くお金とかがかっていそうな気がするんですよ。まっ、そんだけ気合いの入っている商品ってことだよね。

食べてみた感想

ケチャップの香り

!?

量が少ないのはファミマ限定になっても変わらないようです。

見た目はコロッケのまんまと同じのミニコロッケって感じですね。

ただね、コロッケのまんまと違うところは、こいつはトマトケチャップの香りがするんですよ。

コロッケの油っぽさに、さわやかなトマトケチャップの香り、いい組み合わせですね。

トマト味

ひとくちパクりとかじると、真っ赤な中身が現れました。

うん。

食べた感想は、トマト味のコロッケ、略して「トマコロ」ですな。

んー、まぁ、特別うまいって感じではないんですが、コロッケの衣のしつこさをトマトケチャップ味がうまくカバーしています。

量が量なんで、そんなにさっぱり感を求めてはいないのですが、サクサク食感も加わり秒殺で完食してしまいました。

カプリチョーザとは?

食べ物の名前ではない

ただですね、そもそもがカプリチョーザって食べ物を食べたことがないんですよね。

だから、このお菓子がどれほどカプリチョーザなのかは分かりません。

パッケージには「カプリチョーザのライスコロッケをスナックにしました。」と書かれています。

詳しく調べてみると、カプリチョーザとはイタリア語で「気まぐれ」という意味であり、「シェフにおまかせ」と捉えることが多いそうです。

ですから、このお菓子の場合、シェフが好き勝手に作ったライスコロッケって意味でいいですね。

トマトコロッケのまんまって商品名までも通用しちゃう気まぐれな味です。

カロリーとか原材料

1袋30g当たりのカロリーは164kcal

おどろきなのが、こんな小さいコロッケ5個で30gもあることです。

ポテチ1袋が60gですから、小さいけど中身が詰まったコロッケなんでね。

原材料はトマトケチャップの他、トマトビューレ・トマトソースパウダーなどなど、トマトがふんだんに使われています。

まとめ

コロッケのまんまの味違い的な位置なら目立ったと思うのですが、「カプリチョーザ」なんてわけの分からない商品名にしちゃったのがいけませんね。

コロッケのまんま(トマトコロッケ味)にすれば良かったのに…

ただね、なかなか手を出しづらい商品名ですが、味は普通にいいんです。

ファミマでしか買えないめずらしい「まんま」です。見かけたら味見してみてください。

本日は以上!