シングルガスバーナーは分離型がおすすめ│一体型にはできない便利な使い方とは?

キャンプや釣り、アウトドア全般で役に立つ小型で持ち運びに便利なガスコンロ

「コンパクトバーナー」とか「折りたたみバナー」とか「ミニコンロ」などなど、呼び方が色々あって困ってしまうのですが、「シルグルガスバーナー」と呼ぶのが一般的みたいですね。

シングルガスバーナーは、各社いろんなタイプの商品を発売しているんですが、たくさんありすぎてどれを買えばいいのか迷ってしまいますよね。

そんな方のために、アウトドアではもちろんのこと、晩酌にでさえシングルガスバーナーを活用している私が、おすすめの商品を紹介します。

まず、始めに、、、


シングルガスバーナーの種類

シングルガスバーナーは大きく分けて2タイプあります。

一体型と分離型です。

一体型

上記写真が一体型のシングルガスバーナーです。

コンロに直接ガスボンベを取り付けるタイプで、非常にコンパクトなので持ち運びに適しています。

コンパクトなところを生かして、ちょっとした料理を作ったり食べ物を温めたりなど、インドアでも活躍します。

分離型

そして、こちらが分離型です。

分離型はコンロから出たガス管の先にガスボンベを取り付けるタイプです。

持ち運びに不向きとまでは言いませんが、一体型と比べると若干がさばります

しかし、分離型には一体型にはできない素晴らしい特徴があるんです。


一体型にはできない便利な使い方

大きい調理器具が使える

一体型は大きい調理器具を乗せての使用ができません。

なぜなら、調理器具が熱で温まると、コンロのすぐ側にあるガスボンベを加熱してしまうのです。

場合によってはガスボンベが破裂する可能性があるので、大きい調理器具を乗せての調理は危険です。

一体型はこれができないので、一人で使うにはコンパクトでいいのですが、大人数での使用には不向きです。

分離型はガスボンベをコンロから離れた場所に設置できるので、大きな調理器具を使用しても問題ありません。

ストーブとして使用できる

さらには専用のパーツをセットすると、冬場の寒い時期にストーブとして使用できるんです。

本格的なストーブではありませんが、野外でちょっとした暖を取るのに役立ちます。

一体型はパーツ部分の熱でガスボンベが温まってしまうので、ストーブとしての使用もできないんです。

分離型は大きい調理器具を使用できたりストーブになったりと、一体型にはできないことがたくさんできます。

分離型シングルガスバーナーおすすめ

シングルバーナー 圧電点火 折りたたみ式 コンパクトバーナー ガスバーナー 収納ケース付き 変換アダプター付き
CoSoy

まずはおためし、価格で選ぶならこれで決まりです。

安いけど専用のケースも付いているから持ち運びに便利です。

ガスボンベ用のアタッチメントが付属しているので、ガスボンベ缶・アウトドア缶の両方で使用ができます。  

一流ブランド、安心のソト製のシングルガスバーナーです。

若干お値段は張りますが、やっぱりソト製ってところが強みですよね。

ゴトクの接続部だったりガス管の繋ぎ目だったり、細かい部分まで丁寧に作られています。

やっぱり長く使うには、これくらいしっかり作ってある製品の方がいいですよね。見た目もシンプルで、とってもおしゃれです。

最後に

コンビニでも手軽に入手できるカセットガスボンベを使えるシングルガスバーナーを紹介しました。

「当社指定のボンベを使用してください」なんて縛りのあるシングルガスバーナーをはぶくと、あまり選択肢がないんですよね。

 

おそらく、指定以外のボンベを使っても問題ないと思いますが…

 

とにかく、シングルガスバーナーは多様な使い方ができる分離型がおすすめですよ。

本日は以上!