いなば チキンとインドカレー【缶詰め】温めなくても食べられるから非常食として便利

スポンサーリンク

いなばって食品メーカーがあるじゃないですか、いなばっていったらライトツナとかの缶詰めが有名なんですよね。

あと、最近はチャオチュール

カレーの缶詰めもかなりの種類を販売しているので、自称カレー研究家の私がカレーの缶詰めの食レポをしてみたいと思います。

チキンとインドカレー

購入価格98円

インドカレーの黒カレーと書かれている缶詰めを買ってきました。価格もお手頃だよね。

以前からあるタイカレーの缶詰めはですね、食べるとオエッてなるんでスルーしました。

これからは、タイカレーを不得意とする自称カレー研究家という肩書きでいきますので、どうかよろしくお願いします。

はい。

缶詰めのカレーは缶を開けてそのまま食べることができるんです。

災害時の非常食としてかなり有能ですよね。賞味期限も3年間あるので完璧です。

温めて食べるときは別容器に移して電子レンジで温めるか、缶のまま湯煎して温めます。

今回は温めないで常温の状態で味見をしたいので、そのまま缶を開けちゃいますよ。

缶詰めオープン

結構ツーツーな感じのカレーです。

うーーん、カレーですね。具がまったく入っていないように見えるんですが…

それとね、温めていないせいか、表面に浮かんでいる油分がちょっと気になります。

カレーのおいしそうな香りは健在なんですけどね。

納得のチキン

カレー缶の具を確認しながらカレー皿に盛り付けていきます。

まずはチキン、チキンカレーですから鶏肉が少ないとすごくがっかりしますよね。

でも、大丈夫。

 

やっぱりイナバだ!100人乗っても…

 

あっ、このフレーズは違ういなばでしたね。ゴロゴロっとチキンの塊が入っている納得のチキンカレーです。

玉ねぎがたっぷり

次は玉ねぎさんです。

玉ねぎさんもごっそり入っています。具は十分なんじゃないかな。

完全に盛り付けるとこんな感じです。

これね、内容量が115gなんですよ。

レトルトのカレーって200g前後が多いんですけど、見た感じ十分な内容量でしょ。

ガッツリ食べるんじゃなければ、115gでもまったく問題なしです。

食べてみた感想

ちょい辛

缶詰めを感じさせない、しっかりしたチキンの歯ごたえがいいですね。

辛さは5段階中、3の表示がありましたので中辛ってところでしょうか。

わりとスパイシーなちょい辛の味付けで、きちんと旨味もあります。

ただねえ、やっぱり缶詰めなんですよね。レトルトっぽさが隠しきれません。

まぁでもね、缶詰めでここまでの味が出ていれば合格ですよ。

おいしいカレーです。

カロリーとか原材料

内容量が115gなのに100g当たりの栄養成分を表示してくるあたりが、やっぱりイナバだ!って感じですよね。

あっ、そのイナバは物置の方か…

仕方がないので電卓で計算するとですね、1缶115g当たりのカロリーは136kcalになります。

原材料は、鶏肉・玉ねぎ・ココナッツミルク・トマトペーストなど、標準的な物が使われています。

とくに変わった材料はありません。

まとめ

いなば「チキンとインドカレー」

低価格でこれだけおいしければ100点です。なかなか優秀な缶詰めだと思います。

これをさ、非常用持ち出し袋にいっぱい詰めておけば、いざと言うときに必ず役に立つことでしょう。

賞味期限が3年くらいあるので、定期的に食べて入れ替えてくださいね。

 

合わせて読みたい:アレルギーの人でも安心して食べられるレトルトカレーが【災害用備蓄食】としていいぞ!

 

本日は以上!