【乾パンのおいしい食べ方】いざという時のために乾パンのいろんな食べ方を試してみよう!

スポンサーリンク

保存食として優秀な「乾パン」

賞味期限が長いので、避難するときに持っていく「非常用持ち出し袋」の中に入れておくと、もしもの時に必ず役に立ちます。

乾パン

上記写真のような袋入りで1年、缶入りだと5年も賞味期限があるんですよ。

でもね、災害ってそんなに頻繁に起きないから、賞味期限が切れる前に新しい物に交換しなくてはなりません。

古くなった乾パンを食べることになるわけですけど、そのときに乾パンをおいしく食べるためのシミュレーションをしておくといいと思うんです。

乾パンのおいしい食べ方

チョコレートを乗せる

かなりメジャーな食べ方なんです。

乾パンは、固く焼いたビスケットの一種なんですよね。

ビスケットとチョコレートの組み合わせっていったら、1番に「アルフォート」が思いつきます。

アルフォートのビスケットより乾パンの方が堅いけど、味も似ていておいしいです。

いちごジャム

乾パンっていうくらいですからね、きっとパンに付ける物は合うんですよね。

乾パンって、長期保存を可能とするために水分を飛ばしてあるんですよ。

だからね、ずっと食べているとめちゃくちゃ喉が渇くんです。

その喉の渇きを、いちごの酸味が助けてくれます。

ネオソフト

バターやマーガリンも同じですね。

ネオソフトはやわらかいから乾パンに塗りやすいんです。

バターの濃厚な風味が、乾パンをすごく食べやすくしてくれます。

乾パンには黒ごまが入っているんですけどね、黒ごまとの相性もバッチリですよ。

パンにはやっぱりネオソフトだよね。

からしマヨネーズ

個人的に好きなのがこれです。

マヨネーズって何にでも合いますからね。

マヨネーズの酸味とからしの刺激が一緒になった夢のコラボです。

乾パンの甘ったるさがからしの刺激で押さえられ、マヨネーズのしっとりとまったりした酸味でおいしく頂けます。

まとめ

災害に合い、避難所に避難するまでの間、食事が提供されるまでの間は、備蓄しておいた非常食を食べることになります。

災害などの時に非常食として優秀な乾パン

いろんな食べ方を知っておくと、もしものときに必ず役に立つはずですよ。

備蓄してある非常食のチェック時、賞味期限の切れそうな乾パンで、飽きずに食べられる方法を見つけておくと良いですね。

本日は以上!