安くておいしいビスケット【エースコイン】コスパ最高のお菓子だったぞ!

スポンサーリンク

先日、スーパーのお菓子コーナーで、カップヌードルやどん兵衛でお馴染みの「日清」のマークが付いている菓子を見かけました。

カップ麺のイメージしかない日清だけど、お菓子も作っているんだね。

なんか、珍しかったので買ってきました。

エースコイン

ほら、上の方に日清のマークが入っているでしょ。

あのマークを見るとカップ麺しか思い浮かばないんですよね…

なぜかお菓子に付いているもんだから、なんか複雑な気分になります。

 

このお菓子、発売は1955年でシスコ製菓ってところが販売していたんだけど、1991年に日清の傘下に入り「日清シスコ」って名前になったんだって。

フュージョンしちゃったんだよね。

はい。

そんな複雑な大人の事情が満載のお菓子だったんです。

食べてみた感想

古銭型のビスケット

いや、結構いっぱい入っているんですよ。

なかなかボリューミーなビスケットです。

古い昔のお金が型取られていて、1つ1つ姿が違います。

丸い形や四角、小判型のビスケットが確認できました。

たくさんの種類があり、全部で20種類あるそうですよ。

おいしいミルク味

ミルクの味が強めのビスケットです。

おいしいですよ。

ちょっと堅めのビスケットは、歯ごたえもよく噛むほどにミルク味に。

ひとくちサイズの小さいビスケットなんで食べやすいんですよね。

いつの間にか、かなりの量を食べてしまうこともしばしば…

しかもこのエースコイン、スーパーで88円で売っていたんですよ。

たったの88円ですよ、安くないですか?

このおいしさで、この値段

コスパ最高やん!

カロリーとか内容量

カロリーは、1袋150g当たり714kcal

すごくカロリーが高いような気がしてしまいますが、内容量が多いですからね。

柿の種が150gだと735kcalになるんでね、そんな気にするほどのカロリーじゃないんじゃないかな。

裏面には、エースコインで型取られている古銭の詳しい情報がびっしりと記載されていましたよ。

ビスケットを食べながら古銭の情報なんかをながめたら面白いですよね。

マニアの人は、1袋の中に全20種類の古銭が全部入っているかどうか探して遊ぶんだって。

子供から大人まで楽しめそうです。

まとめ

「エースコイン」

昔からある歴史のあるビスケットでした。

私は、子供の頃に食べた記憶がないんですけどね。

古銭を型取ったという遊び心がいいですし、とにかく安いですよね。

とびきりおいしい高級ビスケットではありませんが、コスパ最高です。

本日は以上!