足の臭いが取れない【原因は?】におい対策に効果絶大のグッズはこれ!

足がくさい!

クレヨンしんちゃんのお父さんのヒロシって足が超くさい設定になっているじゃないですか。

おっさんってさ、みんな足がくさいんですよね。どんなにきれいに洗っても臭いが取れないんです。

ただね、40歳を過ぎると女性の方もかなりやばいらしいんです。めちゃくちゃくさくて悩んでいる人が多いって統計が取れているんですよ。


なんで足はくさくなるのか?

革靴やブーツなんかを履くと足が蒸れますよね。足の裏ってさ、汗線がすごくたくさん密集しています。

背中の10倍から15倍の汗線があるといわれており、1日にコップ1杯分の汗をかくんだって。

 

こわくね?

 

まぁ、汗自体は無臭なんですが、この汗が皮膚にいる菌の餌となり分解されることによりヒロシみたいなくさい足になります。

角質

足の裏って皮膚が厚いじゃないですか。

固い皮膚は垢となって剥がれやすいため、その垢が菌の餌となり分解の過程でにおいが発生します。

足の爪には、足が蒸れて出た汗や、角質が剥がれ落ちた垢などがたまりやすくなっています。

特に親指の爪の間にたまりやすく、殺人級のにおいを放ちます。


臭くならないようにするには

よく洗う

足の裏にいる常在菌は悪い菌ではないんですよ。いろいろ分解してくれる良い菌なんです。

ただ、この菌が増え過ぎるとにおいの元となるので良くありません。

足の指の間まで丁寧によく洗い、常に清潔に保つことが必要です。

古い角質の除去

かかとがガサガサになっていたりしていませんか? このガサガサは古い角質のせいなんです。

かかとをヤスリで削って古い角質を落としたり、古い角質を一気に剥がすパックを活用するのもいいでしょう。

とにかく、かかとがガサガサにならないようにこまめなお手入れが必要です。

爪の間はブラッシングする

何気にすごいのが親指の爪の間にたまった垢なんですよ。

これがかなりくさいんです。

お風呂で石鹸を付けたブラシで爪の間をよく洗って垢を落としましょう。

足の臭い対策グッズ

アニセ薬用石鹸

 

この石鹸はすごいんですよ。

殺菌効果のある石鹸なんですが、なるべく肌に刺激を与えずに古い角質や皮脂を洗い流せるように作られています。

医薬部外品の製造販売の承認を取得している商品で、厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が配合されているっていう由緒正しい石鹸なんです。

ノーノ スメル

 

足に塗る薬用クリームです。

朝と夜の1日2回、足にクリームを塗ることによってにおいを防ぎます。

リピート率97.5%っていう絶大の人気を誇るクリームで、防臭・汗対策・殺菌・角質ケアを全て同時に行う成分が含まれています。

足をきれいに洗った後に、薬用クリームでしっかりケアすれば完璧ですよね。

リンマー

 

竹炭の特性を活かすことにより、保温性・消臭・抗菌・防臭・吸放湿に特化した靴下です。

結局ね、足が臭いのってさ、汗をかいて蒸れるのが1番の原因なんですよ。汗をかかない通気性の良い靴下を履けば、かなり効力を発揮します。

靴下の繊維に備長竹炭のマイクロカプセルを練り込むことで、繰り返し50回洗濯しても竹炭が繊維からなくなることはありません。

日干し等を行うことにより、効果は半永久的に持続するんだって。

まとめ

足のにおい対策は十分に洗って殺菌することと、汗をかいて蒸れないようにすることが効果的です。

当たり前のことなんだけど、足が蒸れないようにするのって難しいんだよね。

殺菌作用のある石鹸や通気性の良い靴下なんかの力を借りれば、かなり足の臭いを防ぐことができるはずです。

本日は以上!