小さいチョコ【ベビー小枝】は手につかないから食べやすいぞ!

スポンサーリンク

「小枝」って昔からかるチョコレート分かりますか?

細長くて中にパフが入っているクランキーみたいなチョコレートです。

あれにね、ミニミニバージョンがあったので買ってきました。

ベビー小枝

手につきにくいチョコらしい

購入価格108円

小さい小枝のイラストがかわいいパッケージですよね。森永だけにチョコボールと似たような見た目です。

注目は、手につきにくい!って書かれているところですかね。

現代人はスマホをいじりながらお菓子を食べることが多いので、手が汚れるのをとても嫌いますからね。

手が汚れるチョコフレークをダメにしてしまった森永ゆえの発想でしょうか。

食べてみた感想

味は小枝とほぼ同じ

えっとね、味は小枝に似ていてパフが入っているのでサクサクしています。小さいけど食感は小枝らしくておいしいです。

ちょっとチョコレートの感じが違いますけど小枝ですね。

そんでね、パッケージに「手につきにくい」って書いてあったじゃないですか。

あれの正体が分かりました。確かに手につきません。

ベビーチョコって明治から出ている小さい粒々のチョコレートみたいに、表面がツルツルしているんですよ。

しばらく手の上に置いていてもチョコが溶けないので、とても食べやすくなっていました。

微妙な箱

出口が横

チョコボールみたいに上部が開くのかと思っていたら、まさかの横がチョコの出口になっていました。

 

なんで?

 

チョコボールみたいな箱だったら口を付けてそのまま食べられたのに…

いちいちこうやって手の上に出さないといけません。

そもそもね、口を付けて直接食べられればさ、チョコレートを手につきにくくしなくても良かったんですよ。

これだから森永は…

クイズつき

パッケージ裏面にはシルエットクイズなんていうのがあります。

小さい子供なんかは、お菓子を食べながらこんなので遊ぶ傾向がありますからね。

チョコの出口が横なのはダメだったけど、箱にクイズがあるのは小さい子供が喜びそうです。

そうなんだよね、森永やグリコってこういう子供心はよく分かっているんだよね…

カロリーとか

1箱32g当たりのカロリーは173kcal

1粒はとても小さいから、1粒1粒ちまちま食べているとすごくお腹がいっぱいになった気がします。

ちょっと体重が気になる大人のおやつにもいいと思います。

ちなみにね、シルエットクイズの答えは箱の底を開けないと分からない仕組みです。

答えを知りたい子供が、箱を開けるためにチョコを全部食べてしまうという汚い大人の策略付きです。

まとめ

「ベビー小枝」

ターゲットが子供なのか若い人向けなのかよく分からない商品でした。

チョコレートの感じがちょっと違うだけで、基本は小枝なんでおいしいです。

だけどね、私のような大の大人が食べるには量が少ないんですよね。

秒殺です。

ベビーチョコみたいにビックサイズで販売してくれるといいかな。

本日は以上!