【簡単にできる】子供靴のマジックテープがくっつかないので交換してみた

スポンサーリンク

子供の靴によくあるマジックテープ、あれってすぐにダメになるんですよね。

いつもなら諦めて新しい靴を買うのですが、今回の靴は1ヶ月くらいでマジックテープがくっつかなくなってしまったんです。

マジックテープがくっつかない

くっつかない原因

マジックテープのループ面が劣化でダメになり、フックがかからなくなってしまったことです。

あっ、ループ面ってケバケバしている方ね。マジックテープがくっつかなくなる原因っていろいろあるのですが、これが1番多いです。

歩くとピカピカ光る靴で結構高かったんですよね。

捨てるわけにもいかないので自分で交換してみます。

マジックテープを交換する

用意する物

ダイソーですべてそろっちゃいますよ。

マジックテープは縫製タイプっていう奴の方が使いやすいです。

ただね、ダイソーではファスナーテープという名前で売られているので覚えておいてください。

マジックテープじゃねぇのかよ…

あとは、お裁縫セットとハサミがあれば準備完了です。

マジックテープを外す

マジックテープが縫い付けてある糸をハサミで切ります。

今回はマジックテープをすべて交換しないので、ダメになった部分の糸のみを切ります。

ほら、全部やるとめんどくさいじゃん…

糸を切りながらマジックテープを引っ張って剥がしていきます。

ダメになった部分を剥がし、ハサミで切り取りました。

ここにダイソーで買ってきたマジックテープをカットして縫い付けてやります。

あっ、ちなみに「お裁縫レベル2」くらいのド素人の私でも何とかなるので大丈夫ですよ。

さ、どんどん進みましょう!

マジックテープをカット

先ほど取り除いたダメになったマジックテープに合わせて、同じ形になるようにダイソーで買ってきたマジックテープをハサミでカットします。

結構おおざっぱでも問題ありません。

鼻歌でも歌いながら気楽に作業してくださいね。

ここからが正念場ってところなんですよね。

マジックテープを縫い付ける前に、両面テープで貼りつけておくと作業がしやすいですよ。

糸で縫い付ける

チクチク針で縫います。

靴の方にもともと糸が通っていた穴が空いているので、そこに針を入れて縫い付けていけば力はいりません。

穴にそって縫っていけば曲がってしまうこともないので、キレイに出来上がります。

出来上がり!

出来栄えは?

はい。完成しました。

見た目こそいまいちですが、ボタンの縫い付けくらいしかできないおっさんでもそれなりにできちゃいました。

トータル作業時間は45分です。

おっさんだからね… お裁縫が得意のママさんなどでしたら、もっと短い時間でできるかと思います。

ほら、表から見ると違和感がまるでないですよね。

そして、肝心のマジックテープのくっつき具合なんですが、、、

 

バッチリです!

 

めちゃくちゃくっつくようになりました。

これでしばらくは大丈夫です。

まとめ

「マジックテープの交換」

素人のおっさんでもできることが分かりました。

マジックテープがダメになったくらいで捨てちゃうのもったいないですよね。

めんどくさいかな…って思っていたのですが、意外と簡単に交換できるみたいです。

マジックテープの復活とか補修法なんてあるけど、くっつかなくなったら交換しちゃった方が早いです。

本日は以上!