【安いBOXティッシュ】箱がすぐに壊れるので、壊れないように対策してみた

スポンサーリンク

私はティッシュには特にこだわりがないので、いつも1番安いBOXティッシュを購入しています。

でもね、安いBOXティッシュには弱点が1つだけあるんですよ。

タイトルで完全にネタばれしているわけですが、このまま進みますよ。

みんな、ついてきてねー

安いBOXティッシュ

スーパーなんかに行くと、最近はこのBOXティッシュが1番安いので毎回これの5Pを買ってきます。

ティッシュの材質とか品質とか、私にはどうでもいいんです。

 

ティッシュなんて安けりゃ安いほどいい。

 

ただですね、ティッシュの材質や品質には全く関係のない、ティッシュが入っている箱がダメなんです。

箱がすぐに壊れる

ティッシュの箱横側の部分が、かなりの高確率(5個中4個)で開いてしまうんですよね。

ティッシュがなくなってから箱をたたむ作業が楽になるように、箱の横が開くようになっています。

しかし、ティッシュがまだ十分に残っているにもかかわらず、箱を捨てるときの機能が発動されてしまうのです。

新しくティッシュをおろしてティッシュが出るところのミシン目部分を取っている最中に横が開いてしまったことさえあるんです。

 

またかよ…

 

箱が壊れるのが早ければ早いほどテンションが下がります。

放置は厳禁

たったの2か所を接着しているだけなんで、めちゃくちゃ弱いんです。

この部分が開いたままの状態で使用していると、中のティッシュが横から飛び出してぐちゃぐちゃになってしまいます。

そして無理に中に戻すと、今度は本来出てくる上の場所からティッシュが出てこなくなるんです。

 

そうなったらもう最悪です…

 

箱からティッシュを全て取り出し、裸のままなくなるまで使うはめになります。

セロテープで修復する

こうなったら、めんどくさがらずに敏速に対応しなければなりません。

最悪の状態になる前にセロテープを貼って箱を直します。

しかし、数日後に必ず逆側が開くので、両方にセロテープを貼っておくとよいですよ。

 

箱を開くために指を入れる穴がミシン目であるけど、絶対に使用することはないと思います。

そして、いつもセロテープを貼りながら思うんです。

箱を潰すための機能なんていらねぇよ…

まとめ

「とっても安いBOXティッシュ」

高級ティッシュと比べなければティッシュなんてどれも同じです。

ただ、使用中に箱の横側が75%以上の確率で開いてしまうので、それなりの心構えが必要です。

買ったらすぐにセロテープで補強してしまうのが1番良いでしょう。

本日は以上!