中性脂肪を下げるドリンクが凄い!確実に効果を出したいならこの1本

私ね、血中中性脂肪値が高いんですよ。

四十過ぎて運動もせず、毎日お酒ばっかり飲んでいた結果がこれなんですが、血中中性脂肪値を下げるには、適度な運動・禁酒・ダイエットが必要になってきます。

でもね、禁酒は絶対にムリだし、ダイエットもあまり自信がないんですよ。

かと言って、今さら運動なんてしたら死んでしまうじゃないですか…

なんとか大好きなお酒を辞めることなく、適度な運動もしないで血中中性脂肪値を下げることはできないものか…

まずは、血液中の中性脂肪が高いとどうなるのかをまとめてみました。


血中中性脂肪値が高いとどうなるのか?

血圧が高くなる

血液中の中性脂肪値が高い状態とは、簡単に説明すると血液の中に油分が多いってことなんです。

油分が多い血液はドロドロとなり流れが悪くなります。それは、慢性的な高血圧の原因となってしまいます。

動脈硬化

ドロドロの血液は血管に負担をかけます。常時負担がかかった血管は、硬くなって柔軟性がなくなります。

柔軟性がなくなった血管は破れやすくなり、脳卒中やくも膜下出血を招く確率が高くなります。

脂肪肝

血中中性脂肪値が高い状態をほうっておくと、中性脂肪が肝臓の細胞の内部に沈着していきます。太った肝臓はしだいに線維化(固くなる)が進み、慢性肝炎(脂肪性肝炎)になってしまいます。

さらに進行すると肝硬変となり、最終的には肝臓癌になることがあるんです。

高血圧・動脈硬化・脂肪肝が引き起こす様々な合併症は、かなり強力です。

健康寿命を著しく奪う大病の元となりますので、健康診断などで高い数値が出たら早めの対策が必要です。


血中中性脂肪値の基準値

血液中の中性脂肪は、健康診断などでは(TG)と表記されています、空腹時の場合で30~149mg/dlが標準です。

中性脂肪値が150mg/dl以上ある人は、上記で上げた大病の元(高血圧・動脈硬化・脂肪肝)をすでに抱えているかも知れませんよ。

病院での検査をおすすめします。

中性脂肪値を下げるには?

青魚が効果的

「EPA」「DHA」が含まれる物を食べると血液中の中性脂肪を下げることができます。

EPAやDHAは青魚に多く含まれているのですが、1日に摂取しなければならない量が半端ないんです。

 

1日の摂取量 900mg以上

 

ちょっと分かりづらいのでマグロの赤身で換算すると、お刺身7.5人前分食べないといけません。

1人前100gで計算してますから、750gのお刺身を食べないと1日分の摂取量に届かないんです。

ムリじゃね?!

そこで試して欲しいのが、手軽にEPAとDHAを摂取できるドリンクなんです。

ニッスイ イマークS

 

このドリンクが凄いんですよ。

ドリンク1本にEPAとDHAが860mgも含まれているんです。

1日の摂取量に40mg足りないけど、40mgくらいなら通常の食事で十分補えます。

健康補助食品ですから、抵抗なく飲み続けることができると思うんです。

発売元は冷凍食品や缶詰めなどの食品の製造メーカー「ニッスイ」です。一流メーカーですからね、品質管理もしっかりしていて安心して利用できます。

毎日1本飲み続けると…

血中中性脂肪値が120~200mg/dlの人を対象にした実験で、毎日1本を4週間~12週間飲用すると、血中中性脂肪値が約20%低下させることができたんだって。

 

すごくね?!

 

20%も下げられればさ、血中中性脂肪値の基準値内に入れる人がたくさん出てくると思うんですですよね。

初回限定お試し10本セット

 

えー、なんとですね、初めての購入に限り、お得なお試しセットがあります。

イマークS10本セットが送料込みで、たったの1000円(税別)で購入することができるんです。

 

めっちゃ、お得だわー

 

血中中性脂肪値が高くて悩んでいる人はですね、会社なんかで行っている健康診断の10日前に初回限定お試し10本セットを購入して飲んでみてください。

10日間、毎日イマークSを飲んで、血中中性脂肪値に変化があるかを試してみるだけでもいいと思うんですよね。

 

たったの1000円ですから。

 

ニッスイの実験で効果が証明されていますから、きっと期待を裏切るようなことはありません。

まとめ

血中中性脂肪値が高いと、大病のリスクが大幅にアップします。

どうにもならなくなってからでは手遅れなので、まだ軽い内に手を打っておいた方が良いですよね。

食品メーカー大手のニッスイが販売するイマークSが、あなたの悩みを必ず解決してくれることでしょう。

まずは、初回限定のお得なイマークS10本セットで効果を実感してみてください。

 

 

本日は以上!