USBコネクタが足りない【選び方】そんなときはUSBハブを使おう!

スポンサーリンク

USBコネクタの数、足りてますか?

無線キーボードやBluetoothのドングルなんかを使用していると、すぐに埋まってしまうんですよね。

そんなときはUSBハブで増設するといいんですが、購入するにあたり、ちょっとした注意点があります。

USBハブの選び方とおすすめの商品を紹介します。

USBハブの選び方

USBハブは2タイプある

USBハブは、セルフパワータイプとバスパワータイプの2種類あります。

セルフパワータイプはACアダプタが必要で、バスパワータイプはACアダプタは不要です。

この2タイプは、USBコネクタ増設の用途に合わせて選択することになるのですが、簡単に2タイプの特徴を説明します。

バスパワータイプは、USBでパソコンから直接電源を取っているので大きな電力が使えません。

USBコネクタを3口から4口増やしたい人向けのUSBハブで、電力が大きい外付けのDVDドライブなどを使用すると不具合が起こってしまいます

セルフパワータイプはACアダプターから電源を取っているので、USBハブによってはかなりの数のUSBコネクタを増設することができます。

もちろん、外付けのDVDドライブやHDDなど、電力が大きい物でも問題なく使用できます。

USB2.0とUSB3.0の違い

通信速度が全然違う

増設しようとしているUSBコネクタの中を見てください。中が青色だったらUSB3.0、黒だったらUSB2.0です。

USB2.0 480Mbps(理論値)

USB3.0 5000Mbps(理論値)

ですから、中が青色のUSBコネクタだったならば、USB3.0のUSBハブで増設すべきです。これって通信速度の違いなんですが、USB3.0は新しい規格でして、USB2.0のおよそ10倍の速度で通信できる凄い奴なんですよ。

それから、USB2.0とUSB3.0は相互性があるので、中が黒いUSBコネクタにUSB3.0を付けても、中が青いUSBコネクタにUSB2.0を付けても使用することができます。

しかし、中が黒いUSBコネクタにUSB3.0をつけても通信速度はUSB2.0のままですし、中が青いUSBコネクタにUSB2.0を付けてしまうと通信速度はUSB2.0の速度より上がることはありません。

USBハブおすすめ

バスパワータイプ

今からUSBハブを買うならば、例え使用しているパソコンのUSBコネクタがUSB2.0であっても、USB3.0仕様がいいです。

相互性があるので使用には問題ありませんので、今後パソコンを買い替えたとしても使うことができます。

このUSBハブはUSBコネクタが4つ付いていて、本体はなかなかスリムな作りです。

ちょっとした隙間に入れて使用してもいいですし、こんだけスリムならパソコン本体に固定するのもありですよね。

セルフパワータイプ

ACアダプタを使用するセルフパワータイプです。こちらのUSBハブは、USBコネクタが7口+充電用のUSBコネクタの計8口もあります。

充電用のUSBコネクタは最大2.4Aの高速充電で、タブレットなども充電できます。

USBのコネクタが全然足りないよって人におすすめですよ。

ACアダプターは取り外しが可能で、なんとバスパワータイプとしての使用もできます。

最後に

USBコネクタの増設は、用途にあった物をチョイスすると良いでしょう。

外付けのHDDやDVDドライブを使用する予定ならセルフパワータイプを、無線キーボードなどのドングルを挿すのであればバスパワータイプです。

めちゃくちゃUSBコネクタを増やしたいよって人もセルフパワータイプですね。

あっ、今後のためにもUSB3.0仕様のUSBハブがおすすめですよ。

本日は以上!